The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Wolfgang Becker Smooth Bent Egg with Boxwood (Wolf Paw)

Wolfgang Becker Smooth Bent Egg with Boxwood (Wolf Paw)
DSC09888 (1)
DSC09889 (1)
DSC09891 (1)



DSC09892 (1a)
DSC09895 (1a)
DSC09896 (1)
DSC09899 (1)
DSC09901 (1a)
DSC09904 (1a)
DSC09908 (1a)
DSC09909 (1a)
DSC09906 (1)


Length: 130.5mm.  
Weight: 52.6 g.
Bowl Height: 45 mm.
Chamber Depth: 34.3 mm.
Chamber Diameter: 19 mm.
Outside Diameter: 41 mm.

COM

2本目。
前述の通り彼のパイプは入手が非常に困難で、
手に入れるためには根気か、コネか、お金が必要(全部必要かもしれませんが)です。
前回がコネとカネなら、今回は根気でしょうか……。
たまたま、エステートで出ていたのを入手することが出来ました。

ラルス・イヴァルソンのパイプに感銘を受けた、いかにもなラルスチックなベントエッグです。
そのボウルの形状などは、彼の代表的シェイプ、ワスプにも現れているような気がします。
それに、なんというか、全体的にイルカっぽくないですか?
ドルフィンというシェイプは知りませんが……。

私のワスプはちょっと大きめなのですが、
このパイプはちょっと小さめで、取り回しやすいです。
シェイプもシンプルでいいですね。
昨今はシンプルといえばクラシック、のような声も多いですが、
ハンドメイド的なシェイプでも、十分シンプルで実用性があると思うんですよね。

ドイツではスムースの人気が高いように感じられます。
彼もマンツも殆どがスムースで、サンドブラストはあまり無いんですよね。
ドイツの友人も、グレインを意識していましたし……。

昨今では、グレインよりもエンジニアリングだとか喫味だとか、
そういったことを重視する、つまりどちらかといえばコレクターよりもスモーカー的な趣向で、
パイプを選んでいる人が多い印象です。
あまりグレインについて良いとか悪いとか、細かいとか綺麗とか聞かないですよね。
あまり気にしていない人が多いような気がします。
ブラストのグレインについては良く聞きますけれど。
まぁ、単純にブラストが安くてスムースが高いからかも知れませんが……。
皆さんはどうですか?
私は当然、綺麗であればあるほどいいと思います。
だからファクトリー系にはあまり手が出ないんですよね。

このような入手困難なパイプを手に入れるためにはどうしたらいいのか?
まずは毎日、いろんなショップを巡回することからではないでしょうか。
毎日、毎日。かかさず。オークションも見たり、サイトの更新時間に起きたり。
求め続ける事によって、手に入れることが出来るのではないでしょうか。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 12:23 | Edit

Wolfgang Becker Double Wolf PAW Semi Blasted Wasp

Wolfgang Becker Double Wolf PAW Semi Blasted Wasp
DSC08715 (1)
DSC08717 (1)
DSC08718 (1)
DSC08854 (1)
DSC08849 (1)
DSC08727 (1)
DSC08731 (1)
DSC08736 (1)




Length: 141mm.  
Weight: 82g.
Bowl Height: 46mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 19mm.
Outside Diameter: 52mm.

COM

去年のシカゴパイプショーで入手した最初の一本です。
むしろ、このパイプを入手するためにシカゴに行ったと言っても過言では無く。

長く、僕の夢の一本だったパイプをついに手に入れることが出来ました。
初めてこのシェイプのこのフィニッシュを見たとき、
僕は絶対にこのパイプを手に入れない限り、パイプ収集の終わりは来ないと確信しました。
手に入れた後も、パイプは増え続けているのですが……

色々な縁があって、多くの人々のご協力のおかげで、
2014年のシカゴショーで本人からこのパイプを一番最初に買うことが出来ました。
本当にありがとうございました。
年甲斐も無く興奮してしまったのは久しぶりです。
ここに僕のパイプ収集の一つの区切りがついたと思っています。

Waspは氏のシグネイチャー・シェイプでスズメバチ、の意です。
様々なバリエーションがあるのですが、
このパイプは絶妙にグレインに合わせて
ボウル・シャンク・マウスピースがツイストしており、
上から見ると非常に緩やかなS字を描いています。
また、ブラストに合わせてボックスウッドに細工が施されていて、
シャンクエンドのグレインと繋がる様になっています。
他にもややボウルにかかっているブラスト等、
Waspという動物名に合わせて非常に有機的さを感じることが出来ます。

とにかく細部にいたるまで、氏のパイプ作りに対する繊細さや情熱を感じることが出来ます。
氏の人間性も相まって、本当に素晴らしいパイプです。
ここに、現代パイプの一つの終着点を見ることが出来ました。
是非もう一度、氏にお会いしたいと思いを馳せる毎日です。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 10:48 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's