The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

SAVINELLI AGED BRIAR 316 KS

SAVINELLI AGED BRIAR 316 KS
DSC07620 (1)
DSC07621 (1)
DSC07624 (1)
DSC07622 (1)
DSC07623 (1)
DSC07625 (1)
DSC07627 (1)
DSC07628 (1)

Length: 150mm.  
Weight: 43g.
Bowl Height: 39mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 23mm.
Outside Diameter: 43mm.

COM

いや、まぁ、同じモンなんですけど。
もう完全にマシンメイドだなぁ、って感じで、スンポーが全然変わらないんですよね。
木によって重さなんかは変わってくるもんだと思いますが。

右側はソコソコなグレイン、ソールには綺麗なバーズが出ているんですが、
左側はなんだかもうよくわかんないですね、まぁ見れたモンじゃない、
ってほどでも、ボウズって訳でもないですが。
埋めやサンドピットが多く見られるので、たいしたグレードではないんでしょうけど。

プントーロとはドローには微妙な差があるものの、
特に喫味に大きな違いがあるというような気はしません。
そんなに差があったら、ソレはそれで困るのですが……

なんとなく惰性で買ってしまったパイプで、殆ど吸ってません。
久しぶりの肥やしパイプ。ま、タマにはこんなのも。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:15 | Edit

SAVINELLI PUNTO ORO AMBER 316 KS

SAVINELLI PUNTO ORO AMBER 316 KS
DSC07605 (1)
DSC07609 (1)
DSC07611 (1)
DSC07612 (1)
DSC07615 (1)
DSC07616 (1)
DSC07617 (1)
DSC07619 (1)




Length: 150mm.  
Weight: 43g.
Bowl Height: 39mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 23mm.
Outside Diameter: 43mm.

COM

SAVINELLIの有名シェイプ、316です。
非常に洗練されたデザインで、イタリアンデザインの傑作と言えるでしょう。
どうやらポットに分類されるこのシェイプ、
確かにチャンバーは23mmとかなり広めです。

以前も触れた話題ですが、チャンバーが広いと一体どんな効果があるというのでしょうか?
ある人はバージニアが美味いといい、ある人はラタキアが美味いといいます。
人によって味覚も感じ方も違うので、当然といえば当然で、
短いほうが美味いという人もいれば、長いほうが美味いという人がいて、
ボウルが高ければいいという人や、低いほうがいいという人もいます。
ハッキリ言ってこのあたり、どれもコレもまったく信用ならん訳で、
とどのつまり、自分で試してみるしかないんですね。
そもそもバージニアしか吸わない人、
ラタキアしか吸わない人、着香しか吸わない人もいるわけですし。
もうほぼ、パイプのシェイプによっての味の変化みたいなものには、
耳を傾けるよりも、自分の感性を向き合わせたほうがいいのではないかと思います。
読み物、一つの意見としては面白いでしょうけれども。

ただ、大は小をかねると言いますし、色々なことが出来るという利点はあると思います。
小さいチャンバーよりは、フレークモノは詰めやすいでしょうし(着火はしにくそうですが。)。
層を分けて詰めるのも面白そうですが、コレはスタック向けのお遊びでしょうか。

パイプの話に戻ります。
グレインはソコソコ。
基本的にマシンメイドは、型を以って量産していくので、
そういった中で狙ってグレインを取っていくのは難しいのだと思います。
また少し脱線しますが、そういったマシンメイドの中でも、
スタンウェルやピーターソンなどは比較的木目を狙って出しているように見受けられます。
まぁ、当然値段も少し高いわけですが、
こういった滅多にグレインのいいモノの出てこない、サビネリ等の
ストレートグレインモデルの値段よりは、まだ安いのではないかと思います。
マシンメイドが過ぎると、無駄にグレインのいいパイプが
高値になってしまうのはしょうがないと思いますし、
また確かに、希少価値のようなものはあると思いますが……。

パイプの喫味にグレインは関係ありませんが、
グレインによって決定される「グレード」は、
喫味とは言わないものの、「吸い易さ」には影響してきます。
Punto oroのような上級グレードになると、
サビネリの場合ではマウスピースの造りは、
普及品のソレよりは丁寧にリップスロット等が開けられています。
シャコムなんかは、顕著に現れてると思います。
つまりは、同じメーカーのマシンメイド品でも、
いいグレードのモノは決してコレクション品ではない!という言い訳でした。

もう一本普及品のモデルがあるので、書きたいことがあったら次回書くことにします。
今回は此処マデ。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(2)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 22:50 | Edit

SAVINELLI SILVER 101

SAVINELLI SILVER 101
DSC06842 (1)

DSC06848 (1)
DSC06850 (1)
DSC06854 (1)
DSC06877 (1)
DSC06861 (1)
DSC06865 (1)
DSC06867 (1)




Length: 141mm.  
Weight: g.
Bowl Height: 52mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 33.5mm.

COM

101!101!
またしても101です。

eBayを物色していて見つけました。
到着時から非常にきれいな状態で、
カーボンもキッチリ除去されていました。
リムの様子からも、元々使用されなかったパイプなのでしょう。

シルバーバンドがキュッとシェイプを引き締めていますね。
赤黒いステインもカッチョイイです。

ただ、相変わらずボトムフラットの出来は悪く、
真っ直ぐには座りません、すこし斜めにズレます。
写真を撮っていると、特にそれが気になりました。

更に、ステムからはロゴポイントが欠落。
リプレイスなんだか、判断付きません。
ま、サビネリのステムをリプレイスするのかは疑問ですが。。。

101以外は買う予定はありませんが、
これからも101だけは狙っていこうと思っています。
あまり価格も高くないので、
いろんな仕上げを集めてみたいですね。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 20:08 | Edit

SAVINELLI CAPRI ROOT BRIAR 101

SAVINELLI CAPRI ROOT BRIAR 101
DSC06593 (1)
DSC06596 (1)
DSC06600 (1)
DSC06603 (1)
DSC06608 (1)
DSC06615 (1)
DSC06618 (1)
DSC06627 (1)
DSC06630 (1)
DSC06631 (1)




Length: 144mm.  
Weight: 65g.
Bowl Height: 51mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 38.5mm.

COM

カプリ!

このプント・オーロシリーズの中で、
傷無く、染みの無い物が、あの悪名高い
シーコーラルとなります、たぶん。
と、言うのも、僕はシーコーラルの辺りについての知識は殆どないので、
詳しいことは解りません。
まぁその辺りは、皆様ご存知の詳しいサイトが既にあると思いますので、
そちらをご参照ください(笑)。

僕はサビネリの中でも、このシェイプ、101と言うのが非常に好きで、
以前から一本は欲しいと思っておりました。
手頃なのが無いかなぁ?としばらく探していたのですが、
ようやっと、このパイプをヤフオクで発見、落札した次第です。
到着した時より、かなり状態がよく、
軽くSAをかけ、マウスピースを磨いた以外は何もしていません。

シェイプ101の分類としては、ラージビリヤードに分類されるのでしょうか。
大き目のボウル、太いシェンク、そしてテーパーマウスピース、
完璧なシェイプだと思います。そして、とてもよく纏まっている。
さんざん、短く、小さなパイプを扱ってきて何なのですが、
こういうクラシック・シェイプ、特にビリヤードのような基本的シェイプと言うのは、
大きくても使いにくいということはあまりないと思います。
むしろ、このパイプなどはとても使いやすいです。
標準的なクラシック・シェイプはあまり持っていないので、
末永く愛用していきたいと思います。

不満を上げるとするなら、ソールがフラットなのに、
いまいち安定性にかけ、立たせようとしてもなかなか立たない事でしょうか。
ややラインが湾曲しているせいかもしれません。
また、マウスピースのダボ側の煙道の穴が、少しズレているのも気になりますが、
これは作家パイプばかり買っている故の悪癖でしょう、
所詮はという言い方は悪いですが、マシンメイドですので、
マウスピースも量産されていたのでしょうし。

この独特のラスティックは、握っていても面白いです。
自分はブラストが好きなので、
あまりラスティックを所有していないのですが、
こういう仕上げであったら何本でも欲しいですね。
逆に、一般的なイタリアン・ラスティックはもういらないかも(^^;

白木のシーコーラルばかりに目が行って、見落とされがちですが、
比較的安価で入手出来る、色つきのプント・オーロも
サビネリの中ではねらい目なんじゃないかなぁ、と思った自分でありました。
しかし、こういうパイプは測量が楽でいいなぁ。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:20 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's