The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Chacom SUPERFLAMME 186

Chacom SUPERFLAMME 186
DSC07900 (1)

DSC07902 (1)
DSC07905 (1)
DSC07907 (1)
DSC07910 (1)
DSC07912 (1)
DSC07913 (1)
DSC07916 (1)




Length: 152mm.  
Weight: 39g.
Bowl Height: 49mm.
Chamber Depth: 43mm.
Chamber Diameter: 21.5mm.
Outside Diameter: 36.5mm.

COM

シャコムさん「久しぶりだな、お前ら!」(謎

といったところで、ブログ的にはずいぶんお久しぶりなシャコムです。
と、言ってもストックしていた訳でもなく、今年に入って購入したモノです。

SUPERFLAMMEの名のとおり、見事なフレームグレイン!
どやっ!どやどやっ!
いい木目のマシンメイドかつビリヤードって、なんだか凄く贅沢な感じがありませんか?
オークションでの評価は低いんですけどね。
残念なのは、ちょこちょこ埋めがあることかな。

自分もだんだん、シャコマー(?)に近づいてきましたでしょうか?
まだまだですか?ハイ。ゴメンナサイ。

シャコムのこの安定感あるクラシックシェイプが大好きです。
微妙なおフランス感も合わさってドンピシャですね。

グレインなんてものは、個人の満足感以外の何者でもない、
というのが今日の日本での通説ですが、
最近、仲間内でグレインは喫味に左右されるのではないか?という話題があります。
つまりは、グレイン、根幹の向きがチャンバーに対して
平行(ストレート)か、垂直(クロス)かによって、水分吸収量に僅かな差が出るのでは?という話です。
そんな程度の差が、本当に効果があるのかは定かではありませんが、
ブラストだラスティックだで、表面の放熱量が云々なんていう話もありましたし、
そしてそれに傾倒する人々の多かったことのある時代があったことも事実で。
あまりパイプの話ばっかりしていると、どうでもよさそうなことに思考が向いたりしちゃうんです。

じゃあグレインの悪いパイプが全て不味いのか?と言われればそんなことは無く。
同じシェイプ、同じ造り、同じキュアリングで2者を比べて見なければ解りませんね。
もしかしたら、グレインのいいということが、原木としてもいい原木だったりするのかもしれませんが。
それなら、同じ根塊から取ればいいのか?

自分は一つの芸術作品としてもパイプを見ているところがあるので、
グレインに対しては結構シビアなところがあることを自覚しています。
やはり、綺麗なものは綺麗ですし、イイモノはイイモノです。
ハンドメイド・パイプが主流となってきたような気がする昨今、
いいグレインのパイプを入手する機会は以前より多くなったのではないでしょうか。
是非、美術的な要素でもパイプを見ていただきたいと思います。



あ、これシャコムの記事だった。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:53 | Edit

TORBEN DANSK THOR SMOOTH

TORBEN DANSK THOR SMOOTH
DSC07868 (1)
DSC07870 (1)
DSC07872 (1)
DSC07873 (1)
DSC07875 (1)

DSC07876 (1)
DSC07878 (1)
DSC07879 (1)







Length: 142mm.  
Weight: 56g.
Bowl Height: 50mm.
Chamber Depth: 38mm.
Chamber Diameter: 19.5mm.
Outside Diameter: 41.5mm.

COM

トール。雷神?
他にもオーディンとか、ノルドとかあるので、
北欧神話系の名前付けなんでしょうかね。

今や失われしシェイプです。つまりカタログ落ちです。作ってるかも知らないです。
オールド・トーベンダンスクとでもいいましょうか。んなもん聞いたことないけど。
トーベンダンスク自体はツゲの2003-2004のカタログから輸入が始まっていて、
同シェイプはその次の2005-2006のカタログで確認が出来ます。
値段は18900。

ツゲカタログの用語集によると、故ヨーン・ミッケが、
友人のためにデザインし、シリーズ化したのが事の起こりのよう。
その後、ドイツのダンにブランドが買い取られたようです。
デザインにはミッケだけではなく、イエス・コーノウィッチも関わっているらしいです。
ちなみにこのトールはミッケデザインらしい。

しかしどのデザインも、本家のものには到底及ばない感じで、
なーんかどっか違うよな、と言うのが自分の正直な感想なんです。
なんというか、野暮ったいというか。ま、仕方ないか。

一見、金魚っぽく見えますが、騙されてはいけない。
全然違う。いや、うーん、ちょっとそれっぽい。どうかな。
3次元的、端的にいえばひねられていて、
正直手にとって眺めていても、はてな?といった感じ。
ボウルもリムも斜めなので、マウスピースの位置を合わせるのもむつかしい。
スムースの割には目もよくなく、ピットもあればボウズもある。
写真と実物との印象があまりに違いすぎてビックリしたパイプでもあります。
ちなみに、左手で持つと、しっくりくる!

さて、お気づきでしょうか。
マウスピースに特徴的な北欧兜マークがないのが。
そう、あの忌まわしき9mmフィルター仕様ではないのです!
なんかもうそれだけで素晴らしく思えてきた。気のせいかな。
これが一つの古いモノである証、見極めの基準になるかと思います。
気になる方、好きな方、よろしければ探してみてくださいな。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 21:39 | Edit

Sasieni ROYALSTUART 93N

Sasieni ROYALSTUART 93N
DSC07806 (1)

DSC07807 (1)
DSC07808 (1)
DSC07810 (1)
DSC07811 (1)
DSC07812 (1)
DSC07813 (1)




Length: 136mm.  
Weight: 39g.
Bowl Height: 55mm.
Chamber Depth: 50mm.
Chamber Diameter: 18.5mm.
Outside Diameter: 34mm.

COM

サシエニセカンド品。
セカンドにも関わらずシャンクにはキッチリSasieniの文字が。
ROYALSTUARTは確か結構な上級セカンドグレードだったはず、スムースだし。
埋めは多いですが、見事なバーズが出ています。もったいないなぁ。
あ、だからセカンドなのか。

スタックとかチムニーとか呼ぶんでしょうか。
ツゲなんかからトッパーとか言うのが出てますが、どれが正しくて、どう違うのかはよぉ解りません。
どの単語で検索しても、似たようなのが出てきましたし。

人差し指の関節が邪魔をして、奥まで指が入りません。
ので毎度かなり緩めに詰めています。
セカンドだからなのか、それともシェイプのせいなのかは解りませんが、
以前の2本の4dotより、何だか味が少し落ちるような気がします。
sasieniの中では今のところBARCLAYが一番美味しいですね。

しかしこの背の高いボウルに、何の意味があるんでしょうか?
あまり背が高いと、もはや指でタバコを奥まで詰めるのは難しいでしょうし、
ある方なんかは全部詰めず真ん中にだけ詰めて、
エアホールを作り出して吸ってるなんてのもありましたが、
なんかおっかない吸い方だなぁ、とかそこだけカーボンがついちゃうんじゃないかとか、
色々不安になって見ていました。
フレイクを解さず、そのまま挿して吸ったりもするようですが。

個人的にシェイプそのものに対しての感想は
普通のパイプとして使うにはちょっと扱いづらく、
さしてあまり利点も感じられないです。
かっこよくはありますけどね!
ただ前述の通り、色々遊びながら吸うにはもってこいのパイプなのかもしれません。
喫煙の幅が広がるという意味では、優れているのかなとも思いました。
皆様も是非一本、お試しください。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 02:48 | Edit

Dunhill SHELLBRIAR 126 F/T 2 3 ③S

Dunhill SHELLBRIAR 126 F/T 2 3 ③S
DSC07788 (1)

DSC07789 (1)
DSC07790 (1)
DSC07791 (1)
DSC07792 (1)
DSC07793 (1)
DSC07795 (1)
DSC07796 (1)




Length: 133mm.  
Weight: 32g.
Bowl Height: 42mm.
Chamber Depth: 37mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 34mm.

COM

1962年製造、翌年出荷であろうモノ。
これもフェスタで入手。

自分にとっては初の古いダンヒルです。
背の低めのビリヤードで、グループサイズも3、標準サイズのパイプです。

黄ばみに黄ばんだマウスピースを磨いていたら、みるみるウチに痩せてしまいました。
またリムにはしつこい汚れがベッタリ。
チャンバーはボコボコ、ガッタガタ。
ですがキッチリレストアした甲斐がありました。
凄く美味しいんですね、コレ。

今までは古いダンヒルを持っていなかったので半信半疑だったのですが、
本当に69年だかなんだか以前のものは美味しいですね!
これがオイルキュアリングとやらの成せる技なんでしょうか。
本当にタバコが美味しい!不思議ですねぇ~。

更に戦前のものになると、これまた違ったモノになるそうです。
興味はあるのですが、やはり中々……。
どうしても目を付けていたものは、eBayで高騰してしまうので、
その値段なら別のを買うかぁ~、と諦めがちなんですねぇ。
自然と手に入る日を待つことにします。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(2)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 18:48 | Edit

The GUILDHALL(Comoy's Second Brand) 405

The GUILDHALL(Comoy's Second Brand) 405
DSC07797 (1)

DSC07798 (1)
DSC07799 (1)
DSC07800 (1)
DSC07801 (1)
DSC07803 (1)
DSC07804 (1)
DSC07805 (1)




Length: 150mm.  
Weight: 22g.
Bowl Height: 39mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 16mm.
Outside Diameter: 29.5mm.

COM

小ぶりで細身なビリヤード。
ぶっちゃけ、すげぇカッコイイ。
所詮セカンドラインなので、埋めは結構あるのだけれど、
ダークな仕上げのおかげか、あまり目立っていない。

前回のギルドホールの時は書きませんでしたが、この2本目のギルドホールを手に入れてなお、
自分にはイマイチ、コモイ特有の美味さ、のようなものが解りません。
サシエニはすぐに実感できたのですが、コモイはどうにもこうにも実感できません。
セカンドラインだからでしょうか?
やはり一度ブルーリボンなり、ロイヤルコモイを手に入れなければならないのでしょうか。

パイプオフの重鎮、某氏に「ラタキアが美味いよ!」と言われたのですが、
何度か吸っても、はてな?
いや、不味くはないです。美味しくタバコは吸えるのです。
が、コモイ味なるものはまったく解りません。なんなんだ?コモイ味って。

ドローも良く、見た目も最高、大きさもグッド。なのですが、
味だけは普通です。普通にタバコの味です。
他の特別美味くはないパイプたち、とほぼ同じレベルです。
自分の舌がおかしいのでしょうか?

何だか悔しいので、次こそはCマークつきのを手に入れたいですね。
あ、ホットスタンプのは結構です。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 01:12 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's