The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Rogers STANDARD Six Panel Rhodesian

Rogers STANDARD Six Panel Rhodesian
DSC04313 (1)

DSC04327 (1)
DSC04324 (1)
DSC04339 (1)




Length: 136mm.  
Weight: 45g.
Bowl Height: 36.5mm.
Chamber Depth: 30mm.
Chamber Diameter: 17mm.
Outside Diameter: 27mm.

COM

ひっでぇ埋め。
そしてチャンバー小っせぇ。
あと、Rogersって何だよ!ってことで、
調べてみたけど、情報ナシ。
刻印から、フランスのメーカーで、
このパイプも、アルジェリアン・ブライヤーだということが解る。

恐らく、サンクロードか何処かの、小さな工場のモノでしょう。
作りは、埋めが酷い以外、前回紹介したLONDON MADEよりずっと良いです。
ただ、着色がヘタで、エッジ部分がところどころ薄くなっています。
このシェイプは綺麗に染めるのが難しいのか、
現行のSebastien Beoですら、エッジ部分の染が満足ではありません。

これも別に、美味いパイプではありませんでした。

ダロウネ(ボソッ
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 12:00 | Edit

LONDON MADE Six Panel Rhodesian

LONDON MADE Six Panel Rhodesian
DSC04275 (1)
DSC04296 (1)DSC04288 (1)DSC04301 (1)




Length: 137mm.  
Weight: 42g.
Bowl Height: 38mm.
Chamber Depth: 30mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 27mm.

COM

詳細不明。
刻印はLONDON MADEとMADE IN ENGLANDのみ。
マウスピースにロゴでもあったのかもしれないが、恐らくは磨り減って消えてしまったのだろう。
埋めが多いので、そもそも普及品の様なものだったのかもしれない。
ボウルのドリルの跡が酷く、底部など盛り上がってしまっている。

シェイプを第一で収集していると、こういうメーカーすら解らないパイプがそれなりに出てくる。
調べようが無いので、諦めることにしている。

かなり短いが、書く事も無いというか、何も情報がないのでこの辺りで。
一応、美味くは無かった。


そろそろネタ切れなので、残った6角形パイプやマシンメイド物の記事が増えると思う。
連続しないようにちょっと気を使ってきたが、そろそろ難しい。
ホントは、買ったばかりのパイプを、意気揚々として紹介したいのだけれど。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:00 | Edit

"K" Meerschaum Bowl Briar Calabash with Silver

"K" Meerschaum Bowl Briar Calabash
DSC01851 (1)

DSC01863 (1)
DSC01836 (1)
DSC01868 (1)
DSC01892 (1)




Length: 115mm.  
Weight: 52g.
Bowl Height: 53mm.
Chamber Depth: 23mm.
Chamber Diameter: 17mm.
Outside Diameter: 40mm.

COM

115mmとコンパクトなブライアー・キャラバッシュ。

作者の詳細不明。
"K"と一文字彫ってあるだけだ。

キャラバッシュパイプと言えば、
瓢箪の本体にメシャムのボウルがついているのが一般的だが、
このパイプの本体はブライアーで、
グレインも良く出ている。

銀巻きも、マウスピースの作りもかなりのもので、
どうしてこれほどの技術者が、世に出ること無く消えてしまったのか惜しまれる。

経年による劣化で、内側のコルクが磨耗してしまっており、
ボウルとの接合にやや不安があるが、
そもそもひっくり返したり、振り回したりする事はないので、
すっぽ抜けて飛んでいったりする心配はない。

ただし、やはり隙間が出来てしまっており、
煙というか、息が漏れ、
その製で火種の調整が難しい。
また小柄故、ボウルに多くのタバコは入らない。

味はメシャム的(なんだそりゃ)。
ただ、大分使われたメシャムなので、以前紹介したIMPよりは美味い。
結構、お気に入りのパイプです。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 07:59 | Edit

MADE BY YUKAWA 77

MADE BY YUKAWA 77
DSC03506 (1)
DSC03523 (1)
DSC03520 (1)
DSC03534 (1)
DSC03545 (1)
DSC03537



Length: 120mm.  
Weight: 43g.
Bowl Height: 26mm.
Chamber Depth: 31mm.
Chamber Diameter: 19mm.
Outside Diameter: 30mm.

COM

湯川氏のハンドメイド・パイプ。
湯川氏がどういった人なのかは全く解らない。
作家であったのか、趣味でパイプ製作をしていたのか。
ただ、造りやスタンプなどを見る限り、
パイプ製作にそれなりの力を入れていたことが伺える。
彼もまた、消えてしまったパイプ作家だったのだろう。
消えてしまったパイプ作家と言えば、
徳富さんと肩を並べる、浅利法生氏という方がいらっしゃったのだが、
現在は自分用のパイプしか作っていないようだ。
数十年前に新宿加賀屋等に卸されたパイプが、
ヤフーオークション等に出されているのをたまに見る。
僕の予感だと、今ネットショップに並んでいる何人かの日本人作家も、
数年経てば忘れ去られてしまうだろうと思っている。
残念といえば残念ではあるが、実際消えてしまったパイプ作家のパイプには
それなりに欠点があったりするものなので、仕方ないとも言える。
このパイプはヤフーオークションで落札したパイプだが、
残念なことにソールに傷というより、ヒビがいくつか入ってしまっている。
僕がレストアする際にワックスを塗ったため、
それが挟まってしまっていて、とても見苦しい(笑)。
何時かよっぽど気になる日が来たら、ブラストでもかけようかと思っている。
シェイプとしては金魚と言っていいだろう。
グレインも美しく出ている。
左右非対称で、右側に流れるようにボウルは曲がっている。
トップが斜めにカットされているが、これを平行にして吸う必要は無く、
むしろボウルが斜めの状態でチャンバーが開けられているので、
何も考えずにそのまま使うのが正しいのだろう。
左利きの僕にとっては、そちら側にボウルが膨らんでいるのでとても持ちやすい。
欠点としては、ダボがきつくなっているようで、
テーパーブッシュのマウスピースがしっかり嵌らない。
喫煙中に何度か落としてしまったこともあって、
これを改善しない限り、使おうという気が無くなってしまった。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 16:17 | Edit

GEN SUGITA

GEN SUGITA
DSC03239 (1)
DSC03251 (1)
DSC03245 (1)
DSC03270 (1)






Length: 110mm.  
Weight: (43)g.
Bowl Height: 42mm.
Chamber Depth: 27mm.
Chamber Diameter: 19mm.
Outside Diameter: 28mm.

COM

小ぶりなラフトップ・フルベント。
GEN SUGITA氏が一体どういった人物で、どういったパイプを作っていたのかは
幾ら調べてもまるで解らない。
こういった、消えてしまった日本人パイプ作家は以外と多い。
現在最も有名な徳富氏がご存命でまだまだ現役でパイプ製作に励んでいるので、
日本人パイプ作家の死後の評価というのははっきりと申し上げられないのだが。
しかし現在はインターネットの普及もあり、
日本人作家のパイプが外国からも簡単に購入できる時代になったし、
何人もの日本人作家が海外のセラーにパイプを卸しているところを見ると、
評価は一昔前より格段に上がっただろう。
パイプを見てみよう。
グレインも美しく、全体のバランスは最高だ。
僕はこれほど完成されたフルベントのシェイプを見たことが無い。
肉薄ではあるが、ラフトップも決まりがいい。
しかし残念なことに、中間煙道であり、また、煙道が細く、
更にはリップが分厚く、咥えづらい。
こういったところに、彼が有名になりえなかったものもあるのではないだろうか。
幾ら外観が美しくとも、それが道具として満足に使えてこそパイプではないだろうか。
外観だけで満足出来るのならば、彫刻でも買えば良い。
色々考えた挙句、ハチミツと葉巻の灰でパテを作り、
チャンバーの底上げをして見たのだが……
やるだけやって、それ以来吸ってはいない。
そもそもパテがやわらかく、ピックで突くと簡単に崩れてしまうので、
もう一度パテを作り直して、埋めなおそうかとも考えている。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 15:25 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's