The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

DG(DAL FIUME GABRIELE) SB109 06 Butterfly Sandblasted Blowfish

DG(DAL FIUME GABRIELE) SB109 06 Butterfly Sandblasted Blowfish
DSC01381 (1)

DSC01391 (1)

DSC01365 (1)DSC01401 (1)
DSC01405 (1)




Length: 152mm.  
Weight: 68g.
Bowl Height: 51mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 19mm.
Outside Diameter: 32mm.

COM

DGのブロウフィッシュ。
いや、これはクロスグレインだ!という方、それも結構。
ただ、木目を見ても、美しくクロスグレインが表現されているとは思えないし、
そもそも、クロスグレインって、グレインのことじゃないですか。
シェイプで言えば、ブロウフィッシュでいいんじゃないかと思う訳です。
「横樽」でも「鯛焼き」でも、何でもいいんじゃないですか、もう!

Blowfishとは、直訳すると「フグ」のことだそうです。
うん、フグっぽい!と僕は思う。
じゃあ、よく聞くPufferって何だろう?と思って調べてみると、
これもフグのこと、というよりは、
「プッと(息を)吐くもの」という意味だそうで、
フグだけでなく、ハリセンボンなども含まれるようです。
そして、フグには他にも英語表記があって、
globefishやswellfish(膨らむ魚)、
そしてそのままFuguと表記したりすることも。
英語圏では、あまり食べられないのでしょうか、美味しいのに。

データ上では、大きさ的に、最近の僕の好みからは外れているのですが、
シェイプ故か、結構コンパクトで使いまわしやすい。
DGは、結構すり合わせに難があったりするんだけれど、
このパイプもちょっと浮いてる気がしないでもない。

左側ではなく、右側が盛り上がっているところを見ると、
このパイプ、右手持ちのパイプなんじゃないかなぁ、と思ったりする。
僕は右利きなので、パイプは左手に持つのだけれど、当然(?)か。
そのためか、握ってもイマイチしっくりこない。

このシェイプに限らず、右手で持ちやすいパイプ、
左手で持ちやすいパイプ、というものはきっとあるはず。
ゆえに、機能美?を考えるのならば、なるべくシェイプはシンメトリーであるべきか?
どちらかに捻った時点で、持ち手の握りやすさは変わってくるのでは?

話変わって、マウスピースに突いている、薄い水牛の角が凄く綺麗。
ただ、どうもマウスピースはアクリルのようだ。
彼のカンバーランドのエボナイトは、あまり強くない事が一本目で知れているので、
これはこれでいいや、と思っている。

元々結構赤かったけれど、最近では塗装も段々と落ちて、
より赤みを増しているように感じる。
この黒いブラストが、赤くなっている様が僕は好きだ。
恐らく、メシャムが染まっていく様を見るのと似た感覚だろうと思う。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 06:58 | Edit

DG(DAL FIUME GABRIELE) SB + Butterfly 09

DG(DAL FIUME GABRIELE) SB + Butterfly 09
DSC03959 (1)
DSC03969 (1)
DSC03952 (1)
DSC03981 (1)





Length: 128mm.  
Weight: 71g.
Bowl Height: 43mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 19.3mm.
Outside Diameter: 43mm.

COM

半分ブラストがかかった、DGのハンドメイドらしいパイプ。
ソールにフラットな部分が多いので、自立する。
シャンクとマウスピースの間に少々隙間があり、
またカンバーランドのマウスピースがあまり強固ではない。
既に偏食し始めていて、かなりの歯形がついてしまっている。
大きさの割には重たくて疲れるので、
銜えっぱなしにはし難い。
僕はそんなに強く噛むほうではないのだが。
煙道は多少細いが、
木はいいのか、タバコは美味い。
煙が上手い具合に口に入ってくるので、
煙道のつくりはよいのだろう。
一時、ボウルが丸く、シャンクエンドが広がっているタイプのパイプが
無性に欲しくなってしまって、
ついつい衝動買いしてしまったパイプがこれだった。
衝動買いといえば、僕は今月やたらと金を使ってしまったようで、
全然記憶に無いのだが、カードの使用額が僕の支払能力を大きく超えていた。
急いでリボなり複数回払いにして、何とか収まりそうではあるが……
しばらくは購入衝動を抑えなくてはいけない。
やはりクレジットカードというのは恐ろしいね。
何とかなりそうだと思って使っていても、全然大丈夫じゃなかったりする。
ヤフーカードのサイトの更新が遅いので、
これからは自分で幾ら使ったかメモしておかないと駄目だ。反省。猛省。
しかし彼もまた、独特なシェイプを作る作家である。
味もよく、吸いやすく、オススメの作家パイプではあるのだが……
どのパイプも、結構ゆがんでいるので、
そういうのが好きでない人には、回ってこないパイプだろう。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 10:56 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's