The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Dunhill Shell Briar 59/3 Pat. N° 1119708/17(?) & 116989/17 1931?

Dunhill Shell Briar 59/3 Pat. N° 1119708/17(?) & 116989/17 1931?
DSC09911 (1)
DSC09912 (1)

DSC09915 (1)
DSC09916 (1)

DSC09919 (1)

DSC09920 (1)
DSC09921 (1)
DSC09922 (1)




Length: 142mm.  
Weight: 35g.
Bowl Height: 47.5mm.
Chamber Depth: 40mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 32mm. 

初パテント。

どうもこの辺りのダンヒルは当然スタンプも磨り減っていて、
正確に年代を測るのは難しいんでしょうかね。
セラーでも1931?とハテナがついていました。
パテントの末尾6989/17 も確かに確認できますし、
確かに年代コードは11のように見えます。
1920年+11で31年ですから、間違ってはいないのかな?

年代の割には状態も良く、チャンバーはそれなりにボコボコですがそれなりに平らです。
残念ながらホワイトスポットはブラックスポット状態で半壊していた為にリプレイスしましたが。

しかし他に類を見ないブラストですよね。
多くの人が魅了されるのも解ります。
ここまでの強烈なテクスチャがあると、シンプルとは言えないような気もしますけれど。
このブラストを多くに作家が目指し、そして挫折し、妥協して独自の色合いが生まれたんでしょうね。
事実、誰も再現できていないのですから。
ただ作家側から言うならば、木が違うのだからそもそも土台無理な話、というのも理解できます。

このパイプみたいな斜めに切り取られたグレインは結構好きで、
バーズとリングが一緒に味わえる美味しいグレインだと勝手に思っています。
ここまでブラストが深いと、バーズもタダの穴みたいです。

味に関しては……ウーン。
ダンヒルは起きるのに時間がかかるらしいのですが、
そのせいか正直まだ以前の62年よりは甘みが出ない感じです。
以前のブツは前の持ち主から譲り受ける前に使われていたので、その差かも知れません。
あと、吸ってるとスッゲー熱くなります。

しかし、ダンヒルっていつの間にか増えますね!
そんなに必死になって探し回ったりはしていないんですけど。
気がつけば8本目……。
そういえばと思って過去の記事を見返してみると、
昔の私はドレスシェイプなんか集めようとしてたんですねぇ。
吸いづらくってすぐに止めた気がします。
ちなみにあのドレスシェイプ69年でした。

これからも続けていけばちょこちょこ増えるんですかねぇ。
あまり意識しないようにしておきます(沼が深いので……)。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 10:48 | Edit

Dunhill SHELLBRIAR 126 F/T 2 3 ③S

Dunhill SHELLBRIAR 126 F/T 2 3 ③S
DSC07788 (1)

DSC07789 (1)
DSC07790 (1)
DSC07791 (1)
DSC07792 (1)
DSC07793 (1)
DSC07795 (1)
DSC07796 (1)




Length: 133mm.  
Weight: 32g.
Bowl Height: 42mm.
Chamber Depth: 37mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 34mm.

COM

1962年製造、翌年出荷であろうモノ。
これもフェスタで入手。

自分にとっては初の古いダンヒルです。
背の低めのビリヤードで、グループサイズも3、標準サイズのパイプです。

黄ばみに黄ばんだマウスピースを磨いていたら、みるみるウチに痩せてしまいました。
またリムにはしつこい汚れがベッタリ。
チャンバーはボコボコ、ガッタガタ。
ですがキッチリレストアした甲斐がありました。
凄く美味しいんですね、コレ。

今までは古いダンヒルを持っていなかったので半信半疑だったのですが、
本当に69年だかなんだか以前のものは美味しいですね!
これがオイルキュアリングとやらの成せる技なんでしょうか。
本当にタバコが美味しい!不思議ですねぇ~。

更に戦前のものになると、これまた違ったモノになるそうです。
興味はあるのですが、やはり中々……。
どうしても目を付けていたものは、eBayで高騰してしまうので、
その値段なら別のを買うかぁ~、と諦めがちなんですねぇ。
自然と手に入る日を待つことにします。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(2)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 18:48 | Edit

Dunhill Shell 413 16(1976)

Dunhill Shell 413 16(1976)
DSC07545 (1)

DSC07546 (1)
DSC07547 (1)
DSC07549 (1)
DSC07552 (1)
DSC07553 (1)
DSC07554 (1)
DSC07555 (1)




Length: 137mm.  
Weight: 38g.
Bowl Height: 45mm.
Chamber Depth: 40mm.
Chamber Diameter: 19.5mm.
Outside Diameter: 35mm.

COM

また70年代です。
別に狙っているわけではないのですが、たまたま安価で落とせたので。
これもまた、ビリヤード狂いの餌食です。

ブラストは今や磨り減り、色は抜けきって、
なんとも言えない風貌になっています。

たいしたパイプではないのですが、なんとこの前のパイプフェスタの
ロングスモーキングで3位に入賞することが出来たのは、
このパイプのおかげだと思っています。
70年代とは言え、造りはしっかりしていますので、
キュアリングの味はしないものの、実用品としては十分以上です。
これからは、ロンスモ練習用&参加用のパイプになりそうです。

特筆すべきことは無いのですが、やはりダンヒルのビリヤードは美しいですね。
古いイギリスのビリヤードのバランスには、
一種の黄金比があると言っても過言ではないのではないでしょうか。

ダンヒルだけはパイプを集めていると、自然に増えてくる不思議なパイプです^^;
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 20:59 | Edit

Dunhill Shell Briar Sterling Silver Hallmarked Shape87 ③S 14(Short Apple)

Dunhill Shell Briar Sterling Silver Hallmarked Shape87 ③S 14(Short Apple)DSC05415 (1)
DSC05449 (1)
DSC05409 (1)
DSC05454 (1)
DSC05466 (1)
DSC05478 (1)




Length: 114mm.  
Weight: 37g.
Bowl Height: 44mm.
Chamber Depth: 37mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 36mm.

COM

ダンヒルのショートアップル。
つくづく、パテントとやらとは縁がないらしい。
これも200ドルくらいで落とせて、まぁこんなもんか、という感じ。
シェイプ優先の僕には、やっぱり年代は関係ないのでした。

長めに銀を巻くだけで、パイプはより短く見える気がする。
あくまで「小ぶり」で小さすぎず、まさに”ベスト・サイズ”なパイプ。

元々短いパイプに、銀巻きまでしているので、
スタンプが入りきらず、一部重なってしまっている。
何とか読んで、恐らく74年だろうという事にしておきます。

僕にしては珍しくカッチョイーパイプを手に入れられたなぁ、という感じで、
メチャンコ気に入って使ってる一本。
もうドヤッ!って感じ。
そんな古くていいモンじゃないんだけど、こんなにカッチョエエの中々ないで、と。

銀巻きいいよ銀巻き。
でも磨けば磨くほど、磨り減る感じがして、あまり神経質に磨かない事にしてる。
せっかくのADマークも入っているのだし。
銀巻きラブ!

ただチョッピリ、ボウルが薄いので、気をつけて吸う事にしている。

  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 02:01 | Edit

Dunhill BRUYERE OD/9 MADE IN ENGLAND 24(1984) Six Panel Rhodesian

Dunhill BRUYERE OD/9  MADE IN ENGLAND 24(1984) Six Panel Rhodesian
DSC05538 (1)

DSC05553 (1)
DSC05545 (1)
DSC05566 (1)




Length: 132mm.  
Weight: 42g.
Bowl Height: 37mm.
Chamber Depth: 29mm.
Chamber Diameter: 19.5mm.
Outside Diameter: 37mm.

COM

僕の6角形コレクションの、まさに核となるパイプ。
このパイプをeBayで発見したとき、僕は気絶しそうになりながら、
まずセラーに連絡を入れた。

「僕はどうしてもこのパイプが欲しい、幾らなら譲ってもらえるだろうか?」
それに対する返答は
「払える金額を提示してくれ」
というもの。
特別古いダンヒルという訳ではない、ただ、シェイプが珍しいだけだ。
僕はせいぜいこんなもんだろうと、「280ドルでどうだ?」と返答したのだが、
それきり連絡は途絶えてしまった。

僕は是が非でもこのパイプを落札すると誓っていた。
これを逃したら、僕の6角形コレクションの完成の日など、
永久に来ないだろうことは明白だからだ。
僕はこのパイプに800ドルまでの自動入札を入れた。
後日に1200ドルまで増やした。
それほど払うことになっても、惜しいとはちっとも思わなかった。

運命の日曜日、勝負は決した。
落札価格230ドル。僕の、完全なる勝利だった。
ハッキリ言って、セラーにはざまぁみろ、とでも言いたい気分だった。
この数日間、僕がどんな気持ちで過ごしていたのか、
彼は当然知る由もないだろう。

届いたパイプには、幾つかの打ち傷があり、
スタンプは薄れ気味、更にはステムルーズだった。
それでも、十分だ。
僕は満足だった。
レストアを一通り終えて、吸ってみる。

特別な美味さはない。
所詮はパテントでもなんでもないダンヒルだ。
リップも噛みやすく、悪くは無い。
他の6角形よりは、何倍もマシだろう。
何より、満足感が違う。

そして、このパイプに刻まれたODという刻印の意味は、
どうやら「復刻版」みたいな感じで、
その昔のOwn Designとは少々異なる、らしぃ。
というのも、僕が当然、ダンヒルに詳しくないからであります。

ただODと付くものは何でも、
気まぐれで作られているのか何なのか、
あまり市場で見かけませんね。
十分珍しいんじゃないかなぁ、と思います。
特に、大好きなシェイプですからね。
もうコレ以降、このシェイプのダンヒルが出てくるかどうか、かなり怪しいと思ってますし。

非常に満足して気に入っている。
気に入っていれば、もうそれでほかの事はどうでもいいと、
そう感じさせてくれるパイプ。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:17 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's