The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

STANWELL Sandblasted Shape10(SIxten Ivarsson Design)

STANWELL Sandblasted Shape10(SIxten Ivarsson Design)
DSC07756 (1)
DSC07757 (1)
DSC07758 (1)
DSC07759 (1)
DSC07760 (1)
DSC07762 (1)
DSC07763 (1)
DSC07764 (1)
DSC07765 (1)
DSC07767 (1)
DSC07769 (1)




Length: 138mm.  
Weight: 40g.
Bowl Height: 49.5mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 38mm.

COM

ブラスト!
またかっこええグレインが出てますねコリャ。
本当はコッチをメインで使い倒すつもりだったのですが、
前述のとおり、コッチが保管用になってしまいました。
それでもあまりのかっこよさについつい使ってしまうんですけれども。

このシェイプ、凄く外向きなパイプというか、
手ごろで取り回しやすいので、ついつい外に持ち出しちゃうんですよね。
かっこいいし、かっこいいので、銜えててもかっこいいだろ!みたいな、
素敵な見せパイプなのです。

エボ継ぎの部分は怖いのであんま綺麗にしてません。
でも現状は写真よりはもうちっと綺麗です。
古いパイプをレストアするとき、何処まで綺麗にすべきか悩んでしまいます。
あまりやりすぎると、どんどん痩せていきますからね。

Ebayなんかでもたまに見かけるシェイプなので、
気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 19:07 | Edit

STANWELL RoyalBriar Shape10(SIxten Ivarsson Design)

STANWELL RoyalBriar Shape10(SIxten Ivarsson Design)DSC07743 (1)
DSC07745 (1)
DSC07746 (1)
DSC07748 (1)
DSC07749 (1)
DSC07751 (1)
DSC07752 (1)
DSC07753 (1)



Length: 136mm.  
Weight: 40g.
Bowl Height: 48mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 38.5mm.

COM

スタンウェルの#10。
#10はあのシクスティン・イヴァルソンのデザインしたAcorn。
残念ながら、レストア中にグレインに沿って薄い亀裂が入ってしまった。

今ではスタンウェルのマウスピースはほぼアクリル製だが、
古いスタンウェルは上質なエボナイトが使われていて、
少し磨いてやると、とてもピカピカになる。
実はこのパイプも、前記のクリスウィルと同様、
パイプフェスタで譲っていただいたモノ。

Royalがつくくらいなので、グレードはかなり上の方だったのではないかな?
でも最近のスタンウェルを見ると、グレインは
割と考えられて出されていると感じるが、当時はどうだったのだろう?
現行のGolden Danish など、本当に美しいと思う。
このパイプは一部はボケてしまっていて、グレインはソコソコだが、
スムースにされた理由が何かしらあるんだろう。

見事に完成されたAcornで、Acornシェイプの基礎と言っても過言ではないだろう。
自分はAcornというシェイプが大好きなのだが、中々決まった格好のモノはない。
というより、Acornというシェイプの定義が、やや適当なのだけれども。。。
そんなAcornの中でも、このパイプはまさにAcorn中のAcorn!
ケチの付けようがないないほどのAcornなのです。

この時代のテーパーのマウスピースはモールドだったようで、
パイプが違えども、テーパー式であればマウスピースの替えが効く。
ダボの切り方やスロットの空け方に差異はあれど、
このパイプのマウスピースと入れ替えることが出来た。
また後日紹介するが、もう一本のモノとも替えられた。

ヒビは別段使用に問題があるほど深くは無いので、
スムースでグレードも高いのだが、日々使いにしてしまっている。
以前の持ち主が愛用していただけに、使いやすく、美味しく吸えるパイプだ。
吸えなくなるまで使い倒してやろうかというパイプになりました。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:34 | Edit

STANWELL FEATHERWEIGHT Sandblasted 202

STANWELL FEATHERWEIGHT Sandblasted 202
DSC04510 (1)
DSC04520 (1)
DSC04505 (1)
DSC04527 (1)





Length: 122.5mm.  
Weight: 22g.
Bowl Height: 40mm.
Chamber Depth: 35.5mm.
Chamber Diameter: 18mm.
Outside Diameter: 29.5mm.

COM

フェザーウェイト。
何故か初心者さんに人気ありますね?
僕は、聞きしに勝るこのパイプ、一体どんなものであろうと、
興味心から、ヤフオクで入手したのでした。

なるほど、確かに軽い。
今回量ってみて、更にビックリ。
驚異の22gですよ。
羽の重さ、とはズバリ。
普通のパイプの重さに比べれば、確かにそれは羽のよう。

シャンクを途中でちょん切れば、もっと軽くなるとは思いますが、
多分それは、コンセプトから外れているんでしょう。
なるべく軽く、スタンダードなパイプを作るという。

しかしどうしてもボウルは薄く、
これは中々むつかしい。
昔から僕はベントしたものが大好きで、
このパイプまで、マトモにストレートを吸った事はありませんでした。

去年のパイプフェスタ八王子では、ロングスモーキング大会が行われ、
その練習の為に使用していましたが、
どうして全く上手くいかない。
結果は燦燦たるものでした。

元より、ロングスモーキングには興味が無いので、
あれ以来、練習もしていなければ、このパイプも使っていません。
ロングスモーキングどころか、真面目に普通に吸えない僕には
まだまだ遠い道だなぁ、としみじみ思うのでした。
あと5年もしたら、嵌っちゃうかも解りませんしね。

ところで、お気づきでしょうか、
写真のマウスピースは、逆になってついています。
今取り出すまで、まるで気づきませんでした。
が、上下殆ど変わらないので、
このままでいいや、と思っています。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:08 | Edit

Stanwell 07

Stanwell 07

DSC01268 (1)
DSC01249 (1)
DSC01287 (1)
DSC01278 (1)




Length: 141mm.  
Weight: 51g.
Bowl Height: 41mm.
Chamber Depth: 32mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 30mm.

COM

eBayで落札したもの。
詳しくは解らないが、70~80年代のデイニッシュ・デザインの頃のものだろうか。
今のスタンウェルが、あまりこういうコテコテの
デイニッシュ・デザインを作らなくなったのが悲しい。
デイニッシュ・デザインを作らなくなったと言えば、フカシロもそうだろうか。
フカシロの古い小雑誌がHPからDL出来るのだが、
そのカタログを眺めていると、今でも欲しいと思うパイプが何本もある。
パイプを始めたての頃は、多くの人がミッケなどのデザインを見て、
いつかは欲しいなどと思ったりしなかっただろうか。
僕は手に入るものなら今でも欲しいが、金額的に手に入れるのは不可能なので、
時々ショップなどにUsedが入ってきても、指をくわえて眺めているだけである。

琥珀色のアクリルの接ぎも、ソロバン付きテーパーブッシュのマウスピースも美しい。
実は、マウスピースは途中で千切れていた。
それ以前に購入していた、ボウルに穴が開いているスタンウェルの、
マウスピースと同じ形状のものらしく、ピッタリと合ったので、
何とか使える用になっている。

正面だけがスムースになっていて、
これは当時のスタンウェルには多い仕上げだ。
正面とは限らず、右だったり、左だったりするが、
僕はこういう一部別の仕上げになっているのは、あまり好みじゃない。
そういった点では、ポール・ウィンズロウの、
中途半端なラスティック等も苦手で、
しかしプライベートコレクションとなると……と、
結局彼のパイプは一本も買っていない。
最近は余り気にならなくなってきたので、
手ごろなのがあれば入手したいと思っているが。

スタンウェルには着香!と勝手に決め込んでいるので、
記事を書きながらメランジを詰めて吸っている。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:59 | Edit

Stanwell Sandblast 2008 Xmas

Stanwell Sandblast 2008 Xmas
DSC03289 (1)
DSC03297 (1)
DSC03279 (1)
DSC03306 (1)




Length: 145mm.  
Weight: 66 g. 
Bowl Height: 35 mm. 
Chamber Depth: 32 mm. 
Chamber Diameter: 21 mm. 
Outside Diameter: 35.5 mm. 

COM

スタンウェルは、僕が初心者に最も薦めたいパイプ。
Ivarsson系のデイニッシュなデザインを取り入れたシェイプは
肉厚で、形も面白い。
初心者はその造形に魅了されるだろう。

そして、決して不味くない。むしろ美味いパイプが多いのではないか?
ただ、このパイプの様な、記念パイプの類は決して安くない。
スタンウェルに2万円を出すなら、迷わずアシュトンを買うのが正しい、と思う。
僕は先述のシャコム、ブッ・ショカンと、このスタンウェルの三つを
三大初心者向けマシンメイド、と勝手に思っている。

最も安価なシャコムが一番吸うのが難しいのには疑問があるが、
スタンウェル、ブッ・ショカンと吸って、シャコムが吸えたら大した物ではないだろうか?
何度も言うがこれは僕が勝手に考えているだけのことで、
人によっては当然、これがローランドだったりフカシロだったりツゲだったりするだろう。

しかし、僕はピーターソンだけは未だに一本も持っていないのだが、
特別な構造が特徴なピーターソンは、この初心者用パイプに入れるかどうかは
充分な検討が必要だと思う。
個人としては、最初の一本には薦めがたいと思っている。
持ってもいないくせに、何を偉そうにとお思いになるのは当然、
全く持ってその通りなので、
どうしてもピーターソンが欲しい!という方は杜はインチキのバカヤローだと決め付けて
是非ピーターソンをお買い求めになって欲しい。

好きなパイプを買うのが一番である。
所詮パイプなんてものは、どこまで自分が気に入れるかというもので、
吸い味なんかは二の次だ。
これも僕が単なるコレクターなので、こういう思考なだけであって、
美味いからとダンヒルばかりを買う御仁も居るし、
古いパイプを買い占めるのもいる。

話が大変反れた上に、保険をかけた言い訳ばかりだが
今後もこのような読みにくい文章が多発すること間違いなしである。
それでも尚この下らない記事を読んでくれている貴方に、
僕は投げキッスの一つでもくれてやりたい。

さて、話を戻そう。何の話だったか。
この2008年クリスマスモデルは、チャンバー径21mm、
深さ32mmと、結構大きなボウルを持っていて、
尚且つ肉厚なパイプである。
僕はクリスマスパイプと言うことで、勝手なイメージで
甘いタバコを詰めてよく吸っていた。
具体的にはTake it easyやBlue noteなどだが
これにタバコをたっぷり詰めて、ぶかぶかと吹かすのは中々に美味かったと記憶している。

最近はもっぱらバージニアしか吸わないので、まるで出番がなくなってしまった。
ちなみにパイプが美味い、ということを初めて実感させてくれたのが、このスタンウェルだ。
僕はコイツとブッ・ショカンのコブラを連れて、2010年の大煙会に出向いた。
思い出のパイプである。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 09:44 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's