The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Cornelius Mänz 17 Sandblasted Strawberry with Plateau

Cornelius Mänz 17 Sandblasted Strawberry with Plateau
DSC09788 (1)
DSC09791 (1)
DSC09794 (1)
DSC09801 (1)
DSC09804 (1)
DSC09806 (1)
DSC09810 (1)
DSC09811 (1)
DSC09815 (1)
DSC09816 (1)
DSC09817 (1)
DSC09819 (1)
DSC09820 (1)
DSC09824 (1)
DSC09826 (1)







Length: 126mm.  
Weight: 64 g.
Bowl Height: 58 mm.
Chamber Depth: 37 mm.
Chamber Diameter: 20 mm.
Outside Diameter: 48 mm.

COM
初マンツ。
前々から気になっていた作家でしたが、ようやく入手できました。
私の評価では、Wolfgang Beckerと並んでドイツの二大巨匠だと思っています。

Wolfgang Beckerもそうなのですが、兎に角製作本数が少ない!
噂によれば、マンツは去年は1本も作らなかったと聞きます。
真偽のほどは定かではありませんが、そんな話が出るほど、現行作家にしては入手困難なパイプです。

シェイプとしては、比較的シンプルなストロベリー型。
彼独特の太目のシャンクと、ラフトップがいい味を出しています。
ブラストはあっさり目、色は写真のとおり赤を重ねたような風合いです。

リップは薄めで非常に噛みやすく、しっくりと来ます。
ストレスフリーなエアフローの良さは流石世界トップレベルの作家だと感じます。
欠点としては……ラフトップはやはり磨きにくいということぐらいでしょうか(^^;

私はまだパイプを始めて7年が過ぎたくらいですが、
思い返してみるとシェイプの好みも変わったなぁ、としみじみと実感します。
5年前の、いや3年前の私はこんなシェイプは好きだったかな?と。

パイプ暦の長い人には同意頂けるかも知れませんが、シェイプの好みって移ろい行くものですよね。
不思議と、嫌いになるものは少ないのですが……
どんどん好きなものが増えていくというのは、幸せなことかも知れませんね。

最近、1本あたりの単価が高くなったこともあり、あまり本数を買えなくなりました。
そうすると、オークションやショップなどを見る機会が減り、すると自然と興味も減り……
パイプを買っていないと、中々パイプの事を考えるのも難しいというか、、、買い物依存症なのでしょうね。

パイプ本体以外の記事を書きたいのは山々ですが、イマイチ気持ちも乗らず。。。
困ったものだな、と思っているここ最近です。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 21:54 | Edit

J.Alan Sandblasted Fish 502 11

J.Alan Sandblasted Fish 502 11
DSC09739 (1)
DSC09740 (1)
DSC09745 (1)
DSC09747 (1)
DSC09750 (1)
DSC09753 (1)
DSC09755 (1)
DSC09757 (1)
DSC09758 (1)
DSC09759 (1)
DSC09760 (1)
DSC09761 (1)
DSC09762 (1)
DSC09764 (1)
DSC09765 (1)
DSC09767 (1)
DSC09772 (1)
DSC09773 (1)





Length: 110mm.  
Weight: 40 g.
Bowl Height: 36 mm.
Chamber Depth: 31 mm.
Chamber Diameter: 19 mm.
Outside Diameter: 39 mm.

COM

J.Alanでは初のエステートです。
eBayで落札しました。

光度が高くて真っ白に見えますが、シャンクエンドの素材は骨のような素材で、
実際は色のついてる部分や黒い点のある部分もあります。

手持ちの中では一番小さなJ.Alanパイプで、軽くコロンとしていてかわいいパイプです。
また私の中での一番のポイントは、エッジが左側にあることでしょうか。
私は基本的に左手持ちなので、どちらか選べるならエッジは左にあってくれたほうがいいんですよね。

味は他のJ.Alanパイプと遜色ないのですが、実はちょっと他よりも吸い辛い気がします。
少なくとも他のパイプと同じように吸っていると、結構火が消えたりします。
よくよく比べて見ると、リップスロットの空き具合やダボ側の穴など、
最近のものに比べると精度が低いように見られます。

これはどの作家にも当然言えることだと思いますが、同じ作家のパイプでも、
製作した年が前であれば前であるほど、当然精度は低く、
最近のものであればあるほど精度は高い、ということが基本的には言えると思います。
当然、一定の高さにまでなってしまえば中々それ以上は良くならないでしょうし、
逆に歳をとることによって精度が低くなる可能性もあります。
勿論、精度の良し悪しだけでパイプの良さが決まる訳でもありませんが。

なので、たとえ有名な作家のパイプでも、今からあまり早い時代の物を求めるのはお勧め出来ません。
そしてそのパイプで、作家の今を評価して欲しくないという思いもあります。
現役作家のエステートを購入する際は、出来れば2~3年以内の物を買うようにしたいものです。

流石に製作本数に倍の差があると、パイプにも差が生じるのだなぁ、ということを
実感させてくれたパイプです。
なんだか悔しいので、上手く吸えるようにムキになって使っています。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 12:08 | Edit

J.Alan Multi-textured Cradled Rustic Apple with Argentium Silver.925 1113-16

J.Alan Multi-textured Cradled Rustic Apple with Argentium Silver.925 1113-16
1
2


3
4
5
6
DSC09717 (12)

8
9
10
11
12
13
14
15
16




Length: 130 mm.  
Weight: 60 g.
Bowl Height:  52 mm.
Chamber Depth: 40 mm.
Chamber Diameter: 18.5 mm.
Outside Diameter:45.5 mm.

COM

じゃらん4本目!
物件の更新を控えている今年、冬のボーナスは引越し費用に当てるハズだったのですが……
現金があるときにこういう素晴らしいパイプが出てくると、ついつい衝動を抑えられなくなってしまうのです。
ハイ、やってしまいました。

前回の更新後、しばらくはパイプを買うつもりもないし、
間がかなり空いてしまうかもなぁ、なんて思っていたのですが。
思いのほか、すぐにパイプを買ってしまいました(^^;

かなりボリューム感のあるシェイプではありますが、決して大きなサイズではありません。
ボウルもすっぽりと手のひらに納まるサイズです。
シェイプ名のラスティックは、仕上げのことではなく恐らくはラフ・トップのことを指しているか、
もしくは「素朴な」という意味合いで使っているのではないかと考えます。

シェンクエンドのアルゲントゥム(アルゲンティウム?)・シルバーは、
通常の銀が強度を増すため銅などを数%加えているところ、
銅の一部をゲルマニウムに置き換えたものらしく、
くすみ難いという性質があるそうです。
実際にそうなのかは今後使いながら経過を観察していくとします。

彼のパイプには必ずボックスと、封蝋のついたカードが入っており、
そのカードには
デザイン・ネーム
シリアル・ナンバー
フィニッシュ
ブライヤーの産地
ステムの素材
装飾品の素材
製作日
がそれぞれ記載されています。
ここまでそのパイプの情報を教えてくれるのは、
ブログなどを書いているほうからするととてもありがたいです。
こういうところから彼の誠実さのようなものが伺える気がしますね。

このCradled Appleは、このシェイプの試作機というか、一本目だったのではないかと推測しています。
彼はかなりの製作パイプをインスタグラムにアップしていますが、
このパイプ以前にこのようなシェイプが見つけられないからです。
当然全てをアップしているわけではないと思うので、実際にそうなのかは断言できませんが。
シェイプの元ネタは当然というかLarsのパイプです。
http://tobacco-center.jp/search/item.html?n=Lars-Ivarsson
http://tobacco-center.jp/search/item.html?n=Lars-Ivarsson09(たばこセンター米田さん)
ただ、ラルスは境界線をシャンクの始まりに設けましたが、
ジェフはボウルの下までこれを伸ばしました。
これが「cradle」、手のひらに乗せたような、包まれたようなボウルを表現したのでしょう。
ラルスのシェイプから更に一味加えて新たなシェイプへと昇華したことには脱帽です。
こういった「古き良きシェイプに手を加えて、一歩先へ進む」というジェフのパイプが、
魅力的で支持されているのは当然のことでしょう。

いい仕事、してますねぇ~
と言ったところで了。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(2)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 11:28 | Edit

Ernie Markle Sandblasted Blowfish with Boxwood

Ernie Markle Sandblasted Blowfish with Boxwood
DSC09662 (1)
DSC09665 (1)
DSC09667 (1)
DSC09668 (1)
DSC09671 (1)
DSC09675 (1)
DSC09677 (1)
DSC09682 (1)
DSC09683 (1)
DSC09687 (1)
DSC09689 (1)
DSC09691 (1)




Length: 118mm.  
Weight: 66 g.
Bowl Height: 54 mm.
Chamber Depth: 39 mm.
Chamber Diameter: 21 mm.
Outside Diameter: 45.5 mm.

COM
アーニー・マークル。
アメリカの新鋭作家です。
新鋭というには、十分な時間が経った様に思えますが……

何度か購入のチャンスはあったものの、あまりピン!とくる一本に出会えず。
最近は本当にシェイプを気に入らなければ、作家買いをするようなことは少なくなりました。
ポールマンのブロウフィッシュはフルベントに近いですが、このアーニーのブロウフィッシュはハーフベントです。

エッジが効いていてカチッとしたパイプです。
アメリカ作家のいいところだと思います。
スコット・クラインなどもそうですが、最近はシャンクエンドの継ぎ材は、
スパンと切ったようなものが多く、それこそポールマンのブロウフィッシュのシャンクエンドのように
角を丸めたりしないのが流行りなのかもしれません。

あとはソールを部分的にスムースにするのも流行りなのでしょうかね。
デザインにそれほど影響が無く、スムースで出せるところがあるならそうすべきだと私は思うのですが、
ここは完全に好みの分かれるところでしょう。

とても取り回しやすいパイプで、ついつい手が伸びてしまいます。
ラタキアが結構美味しく吸えるので、もっぱらラタキアを詰めて吸っています。
それが木によるものなのかシェイプによるものなのか、チャンバー径によるものなのかは解りませんが。
合うタバコが見つかると、そのパイプを吸うのが楽しくなるものです。

最近はパイプを買う頻度がかな~り落ちてきています。
欲しいパイプはいっぱいあるんですけどね。
この更新で所有パイプのほぼ全てを紹介した形となります。
次回以降は購入次第の更新になるかと思います。
私もパイプを吸い始めて7年になるので、そろそろパイプ本体だけでなく、
別のことも更新していければと思っています。
例えば停滞しているハチミツフレーバーのタバコのレビューとか。。。
パイプツールの紹介とか。
少しでも、皆様の暇つぶしになりますよう。

それでは、又。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 15:23 | Edit

Clark Layton Lars Style Blowfish

Clark Layton Lars Style Blowfish
DSC09565 (1)
DSC09566 (1)
DSC09569 (1)
DSC09572 (1)
DSC09573 (1)
DSC09577 (1)
DSC09582 (1)
DSC09585 (1)
DSC09594 (1)
Length: 124mm.  
Weight: 50g.
Bowl Height: 47mm.
Chamber Depth: 41mm.
Chamber Diameter: 18.5mm.
Outside Diameter: 44mm.

COM
明けましておめでとうございます。
今年こそ!パイプの年にしたいものですね。
いよいよストックが尽きるので、更新は控えめになると思いますが……
内心は、やっと追いついたと思っています。

クラーク・レイトンはアメリカの30代新鋭作家です。
系譜としてはチェダの流れなんでしょうか。
私の中では「スモヘ組」ですね。

ブロウフッシュというよりは、ストロベリー、もしくはフィグ系統のシェイプです。
そしてまたステインのなんとアメリカっぽいこと!
そのうち、面白い色合いに染まることを楽しみにしています。
あのシャロスキーだって、とんだターメリック色でしたからね。

グレインも綺麗で、全体のバランスもよく、マウスピースの作りも素晴らしいです。
抑えるべきところは全て抑えている点に非常に好感が持てます。
写真はありませんがパイプポーチがロールアップ式なのも面白いですね。

ラルスのシェイプの良さというのは、シンプルでありながら面白く、
使いやすくて飽きの来ないところだと思います。
このパイプも扱いやすく、最近では外用の一本として定着しています。
使用頻度の多いパイプです。

値段も新鋭作家ということでブラストなら400ドル以下で購入できますし、
スロスという低価格帯ブランドもあります。
彼のシェイプは正直人を選ぶと思いますが、造りについては保証できます。
今HPに並んでいるボルケーノなんかも、リンググレインがすごいです。
また気に入ったシェイプがあれば購入したい作家です。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:00 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's