The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Wolfgang Becker Smooth Bent Egg with Boxwood (Wolf Paw)

Wolfgang Becker Smooth Bent Egg with Boxwood (Wolf Paw)
DSC09888 (1)
DSC09889 (1)
DSC09891 (1)



DSC09892 (1a)
DSC09895 (1a)
DSC09896 (1)
DSC09899 (1)
DSC09901 (1a)
DSC09904 (1a)
DSC09908 (1a)
DSC09909 (1a)
DSC09906 (1)


Length: 130.5mm.  
Weight: 52.6 g.
Bowl Height: 45 mm.
Chamber Depth: 34.3 mm.
Chamber Diameter: 19 mm.
Outside Diameter: 41 mm.

COM

2本目。
前述の通り彼のパイプは入手が非常に困難で、
手に入れるためには根気か、コネか、お金が必要(全部必要かもしれませんが)です。
前回がコネとカネなら、今回は根気でしょうか……。
たまたま、エステートで出ていたのを入手することが出来ました。

ラルス・イヴァルソンのパイプに感銘を受けた、いかにもなラルスチックなベントエッグです。
そのボウルの形状などは、彼の代表的シェイプ、ワスプにも現れているような気がします。
それに、なんというか、全体的にイルカっぽくないですか?
ドルフィンというシェイプは知りませんが……。

私のワスプはちょっと大きめなのですが、
このパイプはちょっと小さめで、取り回しやすいです。
シェイプもシンプルでいいですね。
昨今はシンプルといえばクラシック、のような声も多いですが、
ハンドメイド的なシェイプでも、十分シンプルで実用性があると思うんですよね。

ドイツではスムースの人気が高いように感じられます。
彼もマンツも殆どがスムースで、サンドブラストはあまり無いんですよね。
ドイツの友人も、グレインを意識していましたし……。

昨今では、グレインよりもエンジニアリングだとか喫味だとか、
そういったことを重視する、つまりどちらかといえばコレクターよりもスモーカー的な趣向で、
パイプを選んでいる人が多い印象です。
あまりグレインについて良いとか悪いとか、細かいとか綺麗とか聞かないですよね。
あまり気にしていない人が多いような気がします。
ブラストのグレインについては良く聞きますけれど。
まぁ、単純にブラストが安くてスムースが高いからかも知れませんが……。
皆さんはどうですか?
私は当然、綺麗であればあるほどいいと思います。
だからファクトリー系にはあまり手が出ないんですよね。

このような入手困難なパイプを手に入れるためにはどうしたらいいのか?
まずは毎日、いろんなショップを巡回することからではないでしょうか。
毎日、毎日。かかさず。オークションも見たり、サイトの更新時間に起きたり。
求め続ける事によって、手に入れることが出来るのではないでしょうか。

Comment

redbark | 評価 5 | December 26, 2017 10:21
杜隆清さんこんにちは。
パイプの好みは個人によるのは当然ですが、時代や地域によってもそれぞれ特徴が出ているように感じます。
日本ではダンヒル信仰、特にオイルキュアリング時代のダンヒル信仰が根強い影響からか、喫味を重視するパイプを重視する人が多いように感じます。
その一方で70年代のダニッシュパイプブームに代表されるハンドメイドパイプに対するリスペクトも強く残っていて、その両者が日本のパイプ文化の車輪の両輪のように思えます。
私自身はどちらも興味がありますが、近年のハンドメイドパイプの意匠や加工がいかに凄いモノなのかは、こちらのブログを拝見することで否応なく教えられたところが大きいです。
人にはさまざまな趣味がありますが、パイプというものはもはや工芸品というより美術品の域に達していると思いますので、世間で高級品と思われているようなブランド品やブランド時計などより遙かに五感を刺激する神秘に満ちていると感じております。一期一会とも呼べる素晴らしいパイプとの出会いは、求めるものにしかやってこない特別なものなのでしょうね。
それでは失礼致します。
杜 | January 23, 2018 23:04
redbarkさん
こんにちは!おっしゃるとおり日本ではダニッシュブームの影響も強く、日本におけるホルベック、ミッケなどの異常な人気も、その影響でしょうね。また、日本の作家の殆どがかなりの影響を受けているのもわかります。
また日本のダンヒル信仰には、根強いものがありますし、そしてその信仰、期待を裏切らないだけの魅力と実力がダンヒルにはあると思います。
でもダンヒルみたいなパイプを目指してる作家さんて、まだまだ表に出てきていないですよね。
ファクトリーメイドのパイプを目標にするのは、茨の道だとは思いますが……。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's