The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

SAVINELLI PUNTO ORO AMBER 316 KS

SAVINELLI PUNTO ORO AMBER 316 KS
DSC07605 (1)
DSC07609 (1)
DSC07611 (1)
DSC07612 (1)
DSC07615 (1)
DSC07616 (1)
DSC07617 (1)
DSC07619 (1)




Length: 150mm.  
Weight: 43g.
Bowl Height: 39mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 23mm.
Outside Diameter: 43mm.

COM

SAVINELLIの有名シェイプ、316です。
非常に洗練されたデザインで、イタリアンデザインの傑作と言えるでしょう。
どうやらポットに分類されるこのシェイプ、
確かにチャンバーは23mmとかなり広めです。

以前も触れた話題ですが、チャンバーが広いと一体どんな効果があるというのでしょうか?
ある人はバージニアが美味いといい、ある人はラタキアが美味いといいます。
人によって味覚も感じ方も違うので、当然といえば当然で、
短いほうが美味いという人もいれば、長いほうが美味いという人がいて、
ボウルが高ければいいという人や、低いほうがいいという人もいます。
ハッキリ言ってこのあたり、どれもコレもまったく信用ならん訳で、
とどのつまり、自分で試してみるしかないんですね。
そもそもバージニアしか吸わない人、
ラタキアしか吸わない人、着香しか吸わない人もいるわけですし。
もうほぼ、パイプのシェイプによっての味の変化みたいなものには、
耳を傾けるよりも、自分の感性を向き合わせたほうがいいのではないかと思います。
読み物、一つの意見としては面白いでしょうけれども。

ただ、大は小をかねると言いますし、色々なことが出来るという利点はあると思います。
小さいチャンバーよりは、フレークモノは詰めやすいでしょうし(着火はしにくそうですが。)。
層を分けて詰めるのも面白そうですが、コレはスタック向けのお遊びでしょうか。

パイプの話に戻ります。
グレインはソコソコ。
基本的にマシンメイドは、型を以って量産していくので、
そういった中で狙ってグレインを取っていくのは難しいのだと思います。
また少し脱線しますが、そういったマシンメイドの中でも、
スタンウェルやピーターソンなどは比較的木目を狙って出しているように見受けられます。
まぁ、当然値段も少し高いわけですが、
こういった滅多にグレインのいいモノの出てこない、サビネリ等の
ストレートグレインモデルの値段よりは、まだ安いのではないかと思います。
マシンメイドが過ぎると、無駄にグレインのいいパイプが
高値になってしまうのはしょうがないと思いますし、
また確かに、希少価値のようなものはあると思いますが……。

パイプの喫味にグレインは関係ありませんが、
グレインによって決定される「グレード」は、
喫味とは言わないものの、「吸い易さ」には影響してきます。
Punto oroのような上級グレードになると、
サビネリの場合ではマウスピースの造りは、
普及品のソレよりは丁寧にリップスロット等が開けられています。
シャコムなんかは、顕著に現れてると思います。
つまりは、同じメーカーのマシンメイド品でも、
いいグレードのモノは決してコレクション品ではない!という言い訳でした。

もう一本普及品のモデルがあるので、書きたいことがあったら次回書くことにします。
今回は此処マデ。

Trackback

Comment

redbark | May 10, 2017 14:41
はじめまして、楽しく拝読させていただきました。
サビネリのクラシックラインのファクトリーの素材選別で、おおよそ50本に1本くらいの割合で見付かるグレーンの美しいブライヤーをプントオロ用にストックして不定期に製造されているそうです。サビネリの中では最も長く継続しているプレミアムシリーズとのことです。
効率よく木取りする量産用ブライヤーブロックでは、いかに美しいグレインが取りにくいかと言うことが分かります。
はじめから特定のグレインを狙って木取りするハンドメイドパイプ用にはない意外性を楽しめるという点で、量産品から生まれる美しいグレインには、当たりくじを引いたような楽しみをかんじ、それもまた一興かと思います。
杜隆清 | May 11, 2017 23:24
redbarkさん、はじめまして、こんにちは!
コメントありがとうございます。
なるほど、プントオロになるパイプは、原木チョイスの時点から既に別なのですね。
たまたま出来たという訳ではなかったんですねぇ~。
綺麗なグレインのマシンメイドパイプには、やはり特別感がありますよね。
どうせ買うなら、少しでもいい物を……と思うのはコレクターの性でしょうか(^^)
中々更新出来ませんが、たまに覗いて頂ければ幸いです。
これからも当ブログをどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's