The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Chheda 2011 110 Sandblasted Belge

Chheda 2011 110 Sandblasted Belge
DSC06922 (1)

DSC06928 (1)
DSC06932 (1)DSC06935 (1)

DSC06937 (1)

DSC06940 (1)
DSC06944 (1)DSC06947 (1)



Length: 154mm.  
Weight: 38g.
Bowl Height: 47mm.
Chamber Depth: 38.5mm.
Chamber Diameter: 18.5mm.
Outside Diameter: 35mm.

COM

チェダ。
チェダは、http://www.smokershaven.com/のオーナーで、
2003年からパイプ製作をしていましたが、
2007年からシャロスキーが加わり、
二人でパイプを作っている……そうなのですが。
ほぼシャロスキーが作っている、という話もあり、
実際、喫味も変わらず……と言ったトコロです。勿論、いい意味でですが。

ただ、チェダパイプとシャロスキーパイプの間に、
グレードの壁のようなものはもはやなく、
いまやスタンプの違いだけ、のように見えます。
どちらが優れている訳でもなく、どちらが高価であるわけでもなく。
チェダが関わったかどうかの違いなのでしょうが、
選ぶ基準はデザインのみでしょう。

シェイプはBelge。
ベルージュなのか、ベルーガなのか。
さらに言えば、Cuttyとは何が違うのか……?
今で言うと、Cuttyには、昔のクレイパイプのような足が一本、
ついているデザインが思い浮かびますが、
足がなく、ボウルが大胆に前に前傾しているだけのものも、
同様にCuttyと呼ばれます。
少し調べますと、Cuttyと同じように、
足のついた前傾したボウルを、Belgeと呼んでいる資料もあり、
BelgeとCuttyというのは、実は同じシェイプなのかも知れません。

シャロスキーとチェダ、
BelgeとCutty…書いてて混乱してきました。
両者の違いはよくわかりませんが、
このパイプはこのパイプです、もう深く考えるのは辞めましょう。

154mmという長さではありますが、
重量は40切って38g。
とても軽いパイプです。
長さの割りに、咥えっぱなしでも問題ありません。

スラリと伸びたオーバルシャンク、
一度膨らみ、また窄むボウル。
カンバーランドも、非常によくマッチしています。
こういったタイプのパイプって、正直地味で、
写真で見ても、さほど格好良く見えないもんですが、
咥えてみると、上品かつ、それでいてオシャレ。
なんとも美しいバランスで写るんですよね。

飾っているときの美しさ、格好良さも重要ですが、
やはりパイプは道具、使っているときこそ美しく写るべきではないでしょうか。
そんなことを教えてくれた一本です。


Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's