The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Askwith cubby billiard black sandblasted

Askwith cubbybilliard black sandblasted
DSC03594 (1)
DSC03611 (1)
DSC03607 (1)
DSC03629 (1)




Length: 116mm.  
Weight: 56g.
Bowl Height: 52.5mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 18.5mm.
Outside Diameter: 34mm.

COM

Askwithはイギリスのパイプ作家で、中々僕好みのパイプを作ってくれる。
ブラスト技術も中々で、白木のものは特に美しい。
今度ご紹介しよう。
短めのビリヤードで、
黒いサンドブラストに人口象牙だろうか、のリングが映えている。
マウスピースの傾斜が激しく、銜えにくいのと、
チャンバー径が小さいことを除けば、自分的にはかなりベストなパイプだ。
ただ残念なことに、シェイプのバランスや細部のつくりはすばらしいが、
それが直接喫味に繋がっていないことだ。
特別な、独特の"美味さ"を持ったパイプではない。
どこまでも"平凡"な味がする。
つまりはパイプとしては完成しているのかもしれないが、
美味いパイプとしてはまだ完成されていないと言ったところか。
自分でも何を言っているのか解らないが、
美味い作家パイプと言うのは確かに存在しているので、
そこまで行って、高い評価を受けられるものではないかと思う。
askwithのパイプはあちこちのショップでも目にすることが出来るが、
彼のHPから購入することをお勧めしたい。
Paypalも使え、簡単な英語のメールのやり取りで購入できる。
彼のパイプが好きな理由としては、やはり短めではあるが、
小さすぎないパイプを作るところにある。
かなり"ちょうどいい"サイズなのだ。
彼はブライアーとは別に、モルタのパイプを作る作家としても有名なのだが、
彼のモルタ・パイプもまた今度紹介しよう(笑)。
また、最近はWeathered boneという、
ブライアーを風雨に晒した物を使ってパイプを作っている。
これが中々面白そうなので、機会があれば一本購入してみようと思っている。
興味がある方は彼のHPやFacebookに注目して欲しい。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's