The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Konstantin Shekita Sandblasted Onion

Konstantin Shekita Sandblasted Onion
DSC06534 (1)

DSC06538 (1)
DSC06540 (1)
DSC06544 (1)
DSC06553 (1)
DSC06557 (1)
DSC06559 (1)
DSC06563 (1)
DSC06583 (1)
DSC06586 (1)
DSC06565 (1)
DSC06567 (1)
DSC06575 (1)
DSC06577 (1)
DSC06579 (1)
DSC06582 (1)




Length: 112mm.  
Weight: 33g.
Bowl Height: 39mm.
Chamber Depth: 32mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 41mm.

COM

足が無い!?

コンスタンティン・シェキータはウクライナのパイプ作家。
またロシア映画で活躍するプロ・スタントマンでもある。
1990年からパイプ製作をはじめ、
2007年ごろから年間200本程度のパイプを製作。
様々なショップで彼のパイプを見るようになったのはここ数年。

シェイプはオニオン。
そういえば、オニオンとガーリックって、シェイプとしてどう違うんだろう?
やっぱり短いパイプはいいですねぇ。
とても使い易いです。

写真で白けている場所があるのは、ワックスが湧き出ていた為。
火入れしたら消えていったので、残った所をライターで炙ったら綺麗になりました。
最初は色落ちかと思って大変焦りましたが(笑)

ダボはロシア系作家特有の薄い作り。
スリットも綺麗に空いている。
シャンクエンドは偽象牙かな?
端が少しかけているのが残念。
元からなのかは不明。

煙道も綺麗に空いていて、吸い易く、
キュアはしっかりとされているらしく、美味しいパイプです。
値段の安さや、
あまり名前を聞かないこと等色々不安はあったのですが、
全て払拭された感じです。
大変いいパイプだと思います。

氏と言えば、麺のような不思議な彫り方をした"ヌードル"や、
網目のような掘りを施したパイプで有名なのですが、
あれはちょっと怖くて(&値段^^;)で手が出そうにありません。
ポッキリいっちゃいそうです。

安価なモノがまた見つかれば、もう一本入手してみたいですね。
足が無いので、前の記事に比べてテンションが低いのはご容赦(^^;

  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:38 | Edit

Sergey Senatorov Sandblasted Standing Girlic

Sergey Senatorov Sandblasted Standing Girlic
DSC06422 (1)

DSC06435 (1)
DSC06438 (1)
DSC06457 (1)
DSC06418 (1)
DSC06459 (1)
DSC06473 (1)
DSC06481 (1)
DSC06489 (1)
DSC06492 (1)
DSC06497 (1)
DSC06499 (1)
DSC06506 (1)
DSC06509 (1)
DSC06522 (1)





Length: 112mm.  
Weight: 44g.
Bowl Height: 41(+leg 49)mm.
Chamber Depth: 27mm.
Chamber Diameter: 21mm.
Outside Diameter: 44mm.

COM

6本目!

ネタギレ、なんて言っている間にようやく届きまして。
3/17にオーダーし、完成したのは4/9。
5月までには届くだろうと思っていました。ですが……

「送ったよ」というメールから、1ヶ月待てど到着せず、
メールを送るも返答はナシ。
それからしばらく経ち、「送りなおした」というメール。
どうやら彼はまた、町に居なかった為、メールを返せなかったとのこと。

彼はサバゲーの趣味があるんですが、
それでしょっちゅう山の中に行ったりしてるようです。
こないだは、なぜか戦車と写真撮ってました。
少しイラッとしたのはナイショ。

「送りなおした」というメール以降も、
パイプが届くことは無く、
業を煮やして先日メールしたところ、
また出かけていたそうな。

郵便のトラブルなのか、何なのか
サッパリ原因は解りませんが、
今度はトラッキングNo付のEMSで送ってくれ、
それから1週間ほどで到着しました。

最初からそーしろ!

と怒りたくもなりますが、
ここはパイプスモーカー、煙を眺めて待ち続けるのです
(twitterやmixiを見ている方には通用しないデタラメ)。

これも、元となる、というか色違いのモノが売られていました。
が、値段があまりに張るため、本人に「同じの作ってくれない?」と打診すると、
「ちょっとお高くなるよ」と言った返事が。

「幾ら?」と聞いてみると自信なさそうに「送料込みで240ユーロだよ。。。」と返信が。
時差の関係でこのメールが来たとき、自分は就寝していたのですが、
メールが帰って来ないことで更に自信がなくなったのか
「ゴメンネ。。。でもマジ難しいんだよ。。。」みたいなメールが来てて
何だコイツもうカワイイな!って(笑)
モデル元のショップの価格がおよそ4万円でしたので、
送料込みでこの値段は全然安かったので、起きて速攻GO!メール(笑)。
そして書き始めの運送トラブルの後、ようやく我が家に到着しました。
恋しかった(爆)

さて、パイプの紹介に移りましょうか……

また、足つきパイプです。
足つきにスッカリ魅入られた私には、
もう足がついてないとパイプとして見れません(嘘)。
ここに宣言しましょう!足無きパイプはパイプにあらず、と!

ニンニク型のボウル、膨らんだシャンク、
すらりと伸びたステム、
そして2本の足!
本当は4本が良かったんですが、
サイズ的に虚弱になりそうなので、諦めました。

シェイプの構造上、煙道は真っ直ぐボウルまで届くワケが無く、
シャンク側とボウル側から、V字になるように煙道が空いています。
文章では解りにくいと思いますが、つまりはシステムパイプの用に、
ボディーに真下煙道のボウルが突き刺さってるのと同じ状態です。

製作技術の低さが露呈されるような開け方で、
正直、他のパイプ作家はまずやらないと思います。
というよりも、通常はボウルからシャンクまで一本の煙道が
真っ直ぐ空くことを前提として、シェイプ構造を考えるでしょう。

と言っても、前例があるので、特に気にしていません。
味も、別に変わりませんし。
ただ、一度シャンクの内壁に煙が当たるので、
ジュースが出易いかもしれません。
また、V字部分の底にジュースが溜まるかも知れません。
システムっぽくて良いんじゃないか?とは、流石に言えませんし思えませんが(笑)

ボウルはこれまた斜め円錐型で真下煙道、
更には最大口径21mmと、
何とも使い手を選びそうなパイプです。
嫌いな人は、絶対にダメなパイプですね(笑)。
そういうのが自分は大好きなんですけれども。

元ネタのパイプは黒だったのですが、
彼から「ナチュラルもいけるで!お前ナチュラル好きやろ!」
みたいなメールが来たので、
それじゃナチュラルでよろしく!とこんな感じになりました。
自分がナチュラルステインが大好きなのは、
他の記事を見ていただければ十分伝わると思っております。

自分としてはとても満足いく出来栄えで
(と言っても、デザインの元ネタはあるけれど)、
届いて写真を撮った後も、しばらく撫で回していました(お得意)。
膨らんだお尻なんて何ともキュートで、愛らしいです。
見ようによってはボンキュッボンなグラマーにも見えるかも知れませんが、
どこか幼さのある可愛らしいデザインです。
twitterでは赤ちゃんなんて言われました。

ブラストもそれなりに綺麗ですし、
面取りされたリムなども評価高いです。
何より3万円以下2万円台という安価で買えるのが素晴らしいです。
小さく、ブラストが綺麗で、尚且つコスパがいい、
セナトロフのパイプはそんなパイプです。



が、買うならショップが良いと思いますよ(笑)。






あと、つまらないことですが、
Sergeï表記だと検索に引っかかりにくいので、
Sergeyに変更したいと思います。
それと、なぜかカテゴリがごちゃごちゃになっていたので
アルファベット順に直しました(作家名のみ)。
それでは。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:47 | Edit

MARTIN WESS HUNTER Small Tobacco Pouch

MARTIN WESS HUNTER Small Tobacco Pouch

DSC06343 (1)

DSC06352 (1)
DSC06354 (1)


ドイツ製。
タバコ専用のポーチが欲しいと思って購入したモノ。
皮製、内ゴム張りで、ボタン止めです。
色は黒というよりは、グリーンです。

タバコがとても出し易く、
コンパクトなサイズも使い勝手が良いです。
自分の喫煙ペースだと、ちょっとした小旅行にピッタリです。

さすが、専用に作られているものは違うという感じ。
タバコポーチが付属しているパイプポーチもありますが、
なかなかどれも使いにくいモノが多かったです。

また、パイプだけでなく、シャグ用としても使えます。
ポケットにスッポリ入るので、とても重宝しています。

しかし、パイプを外で吸う場合は、大抵缶のまま持ち歩いたりすることも多く、
最近では荷物を減らしたい時にだけ使っています。

  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 23:40 | Edit

Savinelli Fitsall Reamer

Savinelli Fitsall Reamer

DSC06326 (1)

DSC06327 (1)
DSC06331 (1)


フィッツ・オール・リーマー。
フィッツ・オールです。
フットサルだとかフィッツサルではありません。
そもそもフットサルって。。。そりゃないでしょ。
意味が解らん。

サルならスペルは"sal”のはずで、
この商品名はsallですから、sで区切りallと読むのが普通だと思うのですが、
何を血迷っているのか、現行カタログでもツゲはフィッツサルなどと記述しており、
小売店もそれに前習え、おかしなトコではフットサルなどと、
表記しておる訳です。
さらに、2003-2004のカタログでは
堂々とFITSALなどと表記していました。
誰かツッコんであげてください。

ハンドル部はブライヤーらしいのですが、
ニスはあわ立ち、変な赤色の着色と
なんとも安っぽく、自分のはブライヤーには見えません。
ツゲのカタログに載っているモノとは少々違います。
カタログのモノはサンドブラスト処理されているものですが、
自分のものはラスティック仕上げです。
もしかしたら、別物なのかも。

2003-2004のカタログですと、\4500という記述がありますが、
現在ではなんと\7140。
何があったんでしょうか、解りかねますが、
安いパイプ買えちゃいますよね(パイプ脳)。

また、ツゲ価格か、などと思うかもしれませんが、
国外のサイトでも40ドル以上が普通なので、
元々値段が高いようです。
自分は当然、国外通販で購入しました。
安いところを探して、39ドルくらいだったかな。

あまりの高さに、国内で純正品を持つ人はそんなに多くないみたいで、
カキの殻剥きで代用したり、自分でブレード作っちゃったりしてる人がいて、
パイプ界のレベルの高さを感じます(笑)

作りは単純ですが、非常にカーボンを削り易い、
古パイプのレストアには必須のアイテムではないでしょうか。
今までの回転式リーマーと違って、ボウルの中が見えるので、
削りすぎず安心です。
それでも鋭いので、注意は必要ですが。
他のリーマーよりは圧倒的に削り易いです。

4nogginsなどにも置いてあるので、
タバコの注文のついでにでも頼むと良いかもしれません。
近年、送料もバカにならないですしね。
レストアを頻繁に行うなら、オススメのアイテムです。

  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:00 | Edit

Pipe Tampers Tsuge Black Acrylic Tamper(ブラック・ガゼット)

Pipe Tampers Tsuge Black Acrylic Tamper(ブラック・ガゼット)

DSC06248 (1)

DSC06249 (1)
DSC06251 (1)
DSC06255 (1)

国内定価\735

安価なガゼットタンパー。
ガゼットって、海外でも使われてる表現なのかな?
ツゲの用語辞典によると、タンパーとピックが一緒になったもの、らしい。

黒い部分はアクリルです。
他にもバリエーションがあり、
カンバーランドのエボナイトで出来たもの、
ブライヤーで出来たものがあります。
お値段も張り、使い勝手は変わりませんが、
ブライヤーのものなどはとてもオシャレです。
せっかくなら、金属部分をゴールドにすればいいと思うのですが……。

安価故、多くの人が持っているので、
他の人のものと間違えないよう、
イニシャルのKを適当にリューターで彫ってみました。
しかし最近、シガレットの火を当ててしまい、
上の部分が少し溶けてしまいました。

シンプルなデザインの通り、
タンパーとしては非常に使い易いのですが、
ピックを使おうとすると、手が汚れてしまうのが欠点でしょうか。

自分は、灰皿に何時までも置いておかないように、
写真の100円ショップで購入した、石の入れ物に入れています。
机の上が汚れたりせず、使うたびに掃除しなくていいので楽です。

その使い易さから、今では家でのメイン・タンパーとして頑張っています。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 00:15 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's