The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Michael Parks Sandblast Robust Bulldog Grade Ⅳ. 11

Michael Parks Sandblast Robust Bulldog Grade Ⅳ. 11
DSC04652 (1)

DSC04660 (1)DSC04641 (1)


DSC04670 (1)
DSC04699 (1)
DSC04703 (1)
DSC04710 (1)




Length: 114mm.  
Weight: 48g.
Bowl Height: 45mm.
Chamber Depth: 34mm.
Chamber Diameter: 19mm.
Outside Diameter: 45mm.

COM

マイケル・パークスはカナダの作家。
アウトドア派で、バージニア党、特にレッドバージニアリボンが好きだとか。
僕はインドア派なので、たぶん会話に花は咲かない。
英語しゃべれないけど。

このパイプを購入するまでの、彼に対する評価は、
HPやショップをチラと見た程度で、
変なパイプを作る作家、としか認識していなかった。

そして去年、ケイガイさんのイヤーパイプに、
彼の作ったアップル・ビリヤードが数本並んだのだけれど、
当時の僕はビリヤード自体、一本も持っていなかったと思う。
つまり、その時は興味も無かった。

ただ、それからこのパイプを買うまでの期間、
パークスは良い、という話をあちこちで聞いていた。
しかし既にどこにもパークスは無く、どうすることも出来なかったし、
買える可能性がない以上、欲しいという気持ちは無かった。

さる2011年9月24日。
このRobust Bulldogがケイガイさんのページにアップされると、
僕はすぐに、Reservedのメールを送った。
僕のお金の都合上、受け取りは少し伸びてしまったのだけれど……

赤黒いその着色、荒々しいブラスト・グレインはさながら溶岩の様。
当時入荷されたものの中では、一番グレインが綺麗だったと記憶している。
チャンバーに面取りがされている。
リップの高さ、噛み心地は素晴らしく、
ダイヤモンド・シャンクは完全な正方形で、
その証拠に、マウスピースはどの面でも完全に一致する。
とんでもない技術力だと感服させられる。

保護カーボン故か、最初の数回は、
「普通の美味いパイプ」だったのだけれども、
それはすぐに払拭された。
凄まじく美味いのだ。
砂糖水の蒸気か、と思うくらい、甘い煙が口の中に流れてくる。
僕は仰天してしまった。
今までの僕が「美味いパイプ」だと思っていたパイプは、
美味いパイプでなど無かったのではないかと思うくらい、
このパイプはずば抜けていた。

ブログを書く上で、あまり特定のものを
絶賛したり、けなしたりするのは、
控えようと思っていたのだけれど、
絶賛するより他無いほど、美味いのだ。
それこそ、僕の価値観が変わってしまうほどに。

パークスは素晴らしいパイプでした。
これほどまでなら、あと何本でも欲しい。
最近、一番美味しく気に入ってるパイプです。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 17:41 | Edit

SPORT PIPE HETRE Cheery Wood Six Panel Rhodesian

SPORT PIPE HETRE Cheery Wood Six Panel Rhodesian
DSC05659 (1)

DSC05669 (1)
DSC05664 (1)
DSC05674 (1)




Length: 133mm.  
Weight: 38g.
Bowl Height: 38.5mm.
Chamber Depth: 30.5mm.
Chamber Diameter: 18mm.
Outside Diameter: 38.5mm.

COM

チェリーウッド(桜の木)製の、六角形。
フランス製で、1940年代前半のものらしい。
Unsmoke(未使用)の状態で手に入れられた。

実は初チェリーウッド。
アンスモークなので、火入れを戸惑っていて、
まだ吸っていない。
ほかのチェリーウッドを持っているわけではないので、比較も出来ない……

1940年代、つまり第二次世界大戦の真っ只中、
材料難からの間に合わせの材料を使ったパイプのようで、
その為か、ステムまでもが木で作られている。
パイプ本体のチェリーウッドとは材質が違うようだが、何の木かは解りようもない。
木であるから、やたらと傷ついたり、抉れている。

チェリーウッドというと、以前紹介したROPPが有名だが、
どうやら別のメーカーのものらしい。

ダボにはコルクだろうか、一枚別の木が挟まれている。
その木と木のステムが摩れて、キュッキュキュッキュと、あの嫌な音がする。
また、チャンバーもチェリーウッドという材質のためか、
随分と荒れている。

しかし、貴重なチェリーウッド製の六角形。
非常に価値あるコレクションの一本だと思う。

  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 04:48 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's