The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Askwith MacDonald Bulldog sandbalasted Morta

Askwith MacDonald Bulldog sandbalasted Morta
DSC03774 (1)
DSC03793 (1)
DSC03783 (1)
DSC03806 (1)




Length: 106.5mm.  
Weight: 70g.
Bowl Height: 49mm.
Chamber Depth: 38mm.
Chamber Diameter: 18.5mm.
Outside Diameter: 34(46)mm.

COM

アスクウィズのマクドナルドブルドッグ。
素材はブライアーではなく、モルタである。
モルタとはまぁうんたらかんたら、
オーク、まぁ日本で言う樫の木の、
何千年か埋まった末に半分化石化したような感じのもので、
まぁ、とりあえず重い。
それでもって、特別美味い訳でもない。
が、味が普通というのは、どうやら当たりらしく、
モルタを持っている人の意見の大半は、
「美味しくない」と評している。
独特の模様は非常に美しいが、それだけである。
おそらく僕にとっての最初で最後のモルタパイプになりそうだ。
この間、アスクウィズの記事で、
マウスピースの傾斜が急で銜えにくいと書いた。
が、こういったサドル・ステムであれば、
短いパイプでも銜えにくいと言うことは無い。
ネット上でモルタの情報が少ないのも、
特筆すべきことが、ブラストをかけた際の美しさ以外に無いからではないか。
それに、美味くないのではどうにも褒め様が無い。
使いどころが中々無いパイプ。
何だか短い記事で申し訳ないが、モルタ購入判断のひとつのきっかけにでもなれば(笑)。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 07:25 | Edit

Doctor's(Roman Kovalev) Apple bent Strawberry tree (arbousier) sandblasted

Doctor's(Roman Kovalev) Apple bent Strawberry tree (arbousier) sandblasted
DSC03739 (1)
DSC03755 (1)
DSC03738 (1)
DSC03771 (1)





Length: 120mm.  
Weight: 49.4g.
Bowl Height: 40mm.
Chamber Depth: 30mm.
Chamber Diameter: 20mm.
Outside Diameter: 33mm.

COM

ロマン・コヴァレフはロシアのパイプ作家で、精神科医。
彼のブランド名、ドクターはこれに由来する。
ヴィクトール・ヤスチロフ(某裸エプロン)や、セルゲイ・アイラロフらに師事。
しかし彼のシェイプは、ロシア作家のそれとは、また一味違った面白さがある。
ところで、セルゲイという苗字は、北欧では日本の「鈴木」とかと同じくらい多いのだろうか。
前記のアイラロフ、セナトロフに、セレパノフと、非常にややこしい。
そしてこの三人のパイプが、なんとなくどこかしら似ているのだから、尚更だ。
このパイプ、実はブライアーではない。
僕はそんなことは露知らず、普通のパイプだと思って買ったのだが……
ちょうどその頃、ツイッター上でストロベリーウッドと言う、新原木の話で持ちきりだった。
一連の流れを見ていて、はてな?ストロベリーウッド?どこかで見たような……と思い出し、
購入したこのパイプのページを見てみたら、確かにストロベリーウッドとの記述がある。
僕はシェイプ名か何かだろうと思って、全く気にしていなかった。
届いて見ると、確かにブライアーとは大分違う。
不思議なグレインと、ヌルッとしたチャンバーが印象的だった。
銜えてみると、カンバーランドのマウスピースが、やたらと噛み心地がいいのに気づく。
ただ、言われているほどに甘みは感じない。
確かに甘みは強調されてはいるが、香りが減っている分、味を強く感じることは無い。
当然、タバコにもよるのだろうが……
連投すると明らかに味が落ちるそうなので、かなり期間を空けながら吸っている。
また、チャンバーが斜めにあいているからだろうか、少々吸いづらい。
ストロベリーウッドのパイプとしては、彼のパイプは高級な部類に入るので、
ストロベリーウッドが欲しい方は、安価な別の作家の物をまず試してみてはどうだろうか。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 21:34 | Edit

Larry Roush CARVED 2003 No.670

Larry Roush CARVED 2003 No.670
DSC03688 (1)
DSC03707 (1)
DSC03697 (1)
DSC03713 (1)






Length: 145mm.  
Weight: 63g.
Bowl Height: 52mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 18mm.
Outside Diameter: 33.5mm.

COM

ラリー・ラウシュもまた、多くを語る必要の無い作家だろう。
彼の作るパイプのどれもが、かなりの評価を得ているし、
彼がどのショップにもパイプを卸していないのに、
彼の知名度は高く、サイトにアップされたパイプは瞬く間に売れてしまう。
僕はこのパイプをヤフーオークションで落札した。
以前からラウシュは是非一本手に入れたいと思っていたが、
あまり機会に恵まれていなかった。
正直言って大きさやシェイプは、僕の好みとは言い難い。
是非2本目は、好みのシェイプを入手したい。
と言っても、彼のパイプが元々高価な為に、
オークションでもかなりの値がついてしまい、
中々購入に踏み切れない。
このパイプは半ば「お試し」のような気持ちで購入したのだが……
ある程度のレストアを終わらせて、吸ってみて驚いた。
僕はこんなに簡単にタバコが底まで燃えきるパイプを、ダンヒル以外に知らない。
何の苦も無く、完全に吸いきることが可能なのだ。
そして、狭いチャンバー径からは想像も出来ぬ美味さ。
一服しただけで、僕のこのパイプに対する評価は変わった。
パイプとしては大きいが、それほど多くのタバコは入らず、
普通のパイプと同じくらいの量で、吸いやすい。
が、ビリヤードというシェイプと、重さからくる扱いにくさはある。
ベントであれば、少々大きくて重くとも、マシだったかもしれない。
時間はまちまちだが、彼に連絡を取れば、
パイプを作ってくれるという話を幾つか聞いたことがある。
殆どの作家がこういったリクエストというか、注文というか、
コミッションとも言われているようだが、聞いてくれる事は多い。
ショップに欲しい作家のシェイプが無い、
どこにも作家のパイプが売っていない、
そういう際には作家と直接連絡を取ってみてはどうだろう。
彼のパイプにはそこまでしても買う価値があると僕は思う。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 07:31 | Edit

CASTELLO Searock Briar chubby squat Canadian or oval shank Pot KKKK (shapeNo.33)

CASTELLO Searock Briar chubby squat Canadian or oval shank Pot KKKK (shapeNo.33)DSC03639 (1)
DSC03669 (1)
DSC03657 (1)
DSC03678 (1)




Length: 120mm.  
Weight: 52g.
Bowl Height: 38mm.
Chamber Depth: 42.5mm.
Chamber Diameter: 22.5mm.
Outside Diameter: 41mm.

COM

短めながらも、ボウルの大きいカナディアン・ポット。
Searock Briarはシーロックなんて呼ばれている、カステロ独特のラスティック仕上げで、
真っ黒なものとか、このパイプの様にトップだけが黒かったりとか、さまざまである。
僕はこの、トップが黒くて、赤いタイプのシーロックが一番好きで、
この仕上げの#10(有名なノーズウォーマー、シェイプ名的にはNoseburnerらしい)
を探しているのだが、当然ながら、一度も見かけたことは無い。
僕は当初コノパイプの、全長120mmというのに騙され、
もう少し小さいと思っていたのだが、到着したのはこの大きなパイプ。
カステロのグレード、つまりはKの数だが、
スムース仕上げのものはこのKが増えるだけ、グレインが綺麗になる。
しかし、それ以外のサンドブラストやラスティック仕上げのものは、
単純にボウルの大きさを示しているのだ。
この上に更に、G、GGと続くのだが……
当時の僕にはこの知識が無かったので、KKKKが4つもついていようが、
何も気にせずに購入してしまったのだった。
実際手に持って吸ってみると、大した大きさではないが、
チャンバーが大きいため、中々吸いきれない。
僕は小さめのパイプで、1日1ボウルも吸えば十分に満足してしまうため、
どうしてもチャンバー容量の大きいパイプに手が出なくなってしまう。
味はさすがカステロ。ダンヒル、アシュトンに並ぶ美味さである。
美味いパイプというのは、そのブランド独特の、特別な味がする。
タバコ本来の味に、何かプラスアルファがつくのだ。
気のせいかも知れないが、僕はカステロにそれを特に感じた。
ただチャンバー径が22.5mmもあると、中々火が均一にならず、
方燃えや煙突燃えを繰り返してしまう。
取り扱いやすいパイプが増えてきた今、使用頻度は高くはない。
が、今現在僕の持つ唯一のカステロなので、まだ肥やしパイプにはなっていない(笑)
カステロのシェイプにはイタリアンな捻くれたものが多いが、
シェイプさえ気に入ってしまえば、最良のパイプだろう。
しかしくれぐれも、Kの数とチャンバー径には注意していただきたい。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 08:16 | Edit

Askwith cubby billiard black sandblasted

Askwith cubbybilliard black sandblasted
DSC03594 (1)
DSC03611 (1)
DSC03607 (1)
DSC03629 (1)




Length: 116mm.  
Weight: 56g.
Bowl Height: 52.5mm.
Chamber Depth: 42mm.
Chamber Diameter: 18.5mm.
Outside Diameter: 34mm.

COM

Askwithはイギリスのパイプ作家で、中々僕好みのパイプを作ってくれる。
ブラスト技術も中々で、白木のものは特に美しい。
今度ご紹介しよう。
短めのビリヤードで、
黒いサンドブラストに人口象牙だろうか、のリングが映えている。
マウスピースの傾斜が激しく、銜えにくいのと、
チャンバー径が小さいことを除けば、自分的にはかなりベストなパイプだ。
ただ残念なことに、シェイプのバランスや細部のつくりはすばらしいが、
それが直接喫味に繋がっていないことだ。
特別な、独特の"美味さ"を持ったパイプではない。
どこまでも"平凡"な味がする。
つまりはパイプとしては完成しているのかもしれないが、
美味いパイプとしてはまだ完成されていないと言ったところか。
自分でも何を言っているのか解らないが、
美味い作家パイプと言うのは確かに存在しているので、
そこまで行って、高い評価を受けられるものではないかと思う。
askwithのパイプはあちこちのショップでも目にすることが出来るが、
彼のHPから購入することをお勧めしたい。
Paypalも使え、簡単な英語のメールのやり取りで購入できる。
彼のパイプが好きな理由としては、やはり短めではあるが、
小さすぎないパイプを作るところにある。
かなり"ちょうどいい"サイズなのだ。
彼はブライアーとは別に、モルタのパイプを作る作家としても有名なのだが、
彼のモルタ・パイプもまた今度紹介しよう(笑)。
また、最近はWeathered boneという、
ブライアーを風雨に晒した物を使ってパイプを作っている。
これが中々面白そうなので、機会があれば一本購入してみようと思っている。
興味がある方は彼のHPやFacebookに注目して欲しい。
  • Posted by 杜隆清
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 18:34 | Edit
プロフィール

杜隆清

記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
fumeursdepipe

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's