The-Hex Pipe Collection's

MoriTakaKiyoshi proud The pipe collections in this blog.  If you find any inappropriate representation, please contact me. パイプコレクションブログ。レッツ、パイプスモーキング! 御用の方はtwitter、もしくはコメント欄、 ≪honeycombpipes@gmail.com≫まで。 スパムコメントが多いので、パスワードをつけました。 pipe と入力をお願いしますです。

Cornelius Mänz 17 Sandblasted Strawberry with Plateau

Cornelius Mänz 17 Sandblasted Strawberry with Plateau
DSC09788 (1)
DSC09791 (1)
DSC09794 (1)
DSC09801 (1)
DSC09804 (1)
DSC09806 (1)
DSC09810 (1)
DSC09811 (1)
DSC09815 (1)
DSC09816 (1)
DSC09817 (1)
DSC09819 (1)
DSC09820 (1)
DSC09824 (1)
DSC09826 (1)







Length: 126mm.  
Weight: 64 g.
Bowl Height: 58 mm.
Chamber Depth: 37 mm.
Chamber Diameter: 20 mm.
Outside Diameter: 48 mm.

COM
初マンツ。
前々から気になっていた作家でしたが、ようやく入手できました。
私の評価では、Wolfgang Beckerと並んでドイツの二大巨匠だと思っています。

Wolfgang Beckerもそうなのですが、兎に角製作本数が少ない!
噂によれば、マンツは去年は1本も作らなかったと聞きます。
真偽のほどは定かではありませんが、そんな話が出るほど、現行作家にしては入手困難なパイプです。

シェイプとしては、比較的シンプルなストロベリー型。
彼独特の太目のシャンクと、ラフトップがいい味を出しています。
ブラストはあっさり目、色は写真のとおり赤を重ねたような風合いです。

リップは薄めで非常に噛みやすく、しっくりと来ます。
ストレスフリーなエアフローの良さは流石世界トップレベルの作家だと感じます。
欠点としては……ラフトップはやはり磨きにくいということぐらいでしょうか(^^;

私はまだパイプを始めて7年が過ぎたくらいですが、
思い返してみるとシェイプの好みも変わったなぁ、としみじみと実感します。
5年前の、いや3年前の私はこんなシェイプは好きだったかな?と。

パイプ暦の長い人には同意頂けるかも知れませんが、シェイプの好みって移ろい行くものですよね。
不思議と、嫌いになるものは少ないのですが……
どんどん好きなものが増えていくというのは、幸せなことかも知れませんね。

最近、1本あたりの単価が高くなったこともあり、あまり本数を買えなくなりました。
そうすると、オークションやショップなどを見る機会が減り、すると自然と興味も減り……
パイプを買っていないと、中々パイプの事を考えるのも難しいというか、、、買い物依存症なのでしょうね。

パイプ本体以外の記事を書きたいのは山々ですが、イマイチ気持ちも乗らず。。。
困ったものだな、と思っているここ最近です。

J.Alan Sandblasted Fish 502 11

J.Alan Sandblasted Fish 502 11
DSC09739 (1)
DSC09740 (1)
DSC09745 (1)
DSC09747 (1)
DSC09750 (1)
DSC09753 (1)
DSC09755 (1)
DSC09757 (1)
DSC09758 (1)
DSC09759 (1)
DSC09760 (1)
DSC09761 (1)
DSC09762 (1)
DSC09764 (1)
DSC09765 (1)
DSC09767 (1)
DSC09772 (1)
DSC09773 (1)





Length: 110mm.  
Weight: 40 g.
Bowl Height: 36 mm.
Chamber Depth: 31 mm.
Chamber Diameter: 19 mm.
Outside Diameter: 39 mm.

COM

J.Alanでは初のエステートです。
eBayで落札しました。

光度が高くて真っ白に見えますが、シャンクエンドの素材は骨のような素材で、
実際は色のついてる部分や黒い点のある部分もあります。

手持ちの中では一番小さなJ.Alanパイプで、軽くコロンとしていてかわいいパイプです。
また私の中での一番のポイントは、エッジが左側にあることでしょうか。
私は基本的に左手持ちなので、どちらか選べるならエッジは左にあってくれたほうがいいんですよね。

味は他のJ.Alanパイプと遜色ないのですが、実はちょっと他よりも吸い辛い気がします。
少なくとも他のパイプと同じように吸っていると、結構火が消えたりします。
よくよく比べて見ると、リップスロットの空き具合やダボ側の穴など、
最近のものに比べると精度が低いように見られます。

これはどの作家にも当然言えることだと思いますが、同じ作家のパイプでも、
製作した年が前であれば前であるほど、当然精度は低く、
最近のものであればあるほど精度は高い、ということが基本的には言えると思います。
当然、一定の高さにまでなってしまえば中々それ以上は良くならないでしょうし、
逆に歳をとることによって精度が低くなる可能性もあります。
勿論、精度の良し悪しだけでパイプの良さが決まる訳でもありませんが。

なので、たとえ有名な作家のパイプでも、今からあまり早い時代の物を求めるのはお勧め出来ません。
そしてそのパイプで、作家の今を評価して欲しくないという思いもあります。
現役作家のエステートを購入する際は、出来れば2~3年以内の物を買うようにしたいものです。

流石に製作本数に倍の差があると、パイプにも差が生じるのだなぁ、ということを
実感させてくれたパイプです。
なんだか悔しいので、上手く吸えるようにムキになって使っています。

私のパイプタバコ事情

IMG_1657

最近はもっぱらラタキア入りのタバコばかりを吸っている。
特にジー・エル・ピースがお気に入りで、中でもラゴンダは特別美味いと感じた。
あまり数を買っていないので、オフ会とかで知らない銘柄があると
ちょこちょこ貰ったりして、いい物を探している。
のだけれど、GLPはラベルが皆同じに見えるので、結局何がなんだか、覚えていない。
そんな記憶力でも、脳裏に焼きつくような強烈なタバコに出会えたら、きっと覚えてられるのだと思う。
つまり今までのは、ハズレだったと思うしかない。。。

さて、楽天のポイントが失効するので、楽天市場でパイプタバコを売っている店で
ツゲのあの「かがやき」を買ってみた。

18947394_232766133892647_5400324485935005696_n

7年もパイプを吸っているが、実は「かがやき」については全くの初めてだった。
金額的に恐れおおくて、中々他人に「ちょっと頂戴」とは言いづらい感じがあった。
とは言え、自分で金を出して買おうとも思えないまま、時が過ぎた。
かなり”国内では"有名なタバコで、知らない人はいないだろうという銘柄で、
恐らくは知名度だけなら、そこらの銘柄にも負けていないだろうと思う。
流石にアンフォーラには負けるだろうが……。
金額は4500円と高いが、むしろ初心者ほど購入してしまっているイメージがある。
国内では天下のツゲが、最高級品を謳って出しているバージニア単葉である。
当然のように引き寄せられるのだろう。
そして、このタバコを基準にすれば、今後過ちはないと、そう信じ込んでいるのだろう……。

偉そうに言っては見たものの、私自身は全くパイプタバコに関する知識は無い。
経験も無い。
インドマイソールと謳っているが、インドのマイソールでバージニアを生産しているなどという話も知らない。
ドイツ製だというが、まるでどこのメーカーに委託しているのか検討つかない。
それほど、私の「パイプタバコに対する関心」は
「パイプそのものに対する関心」と比べると低いことが解る。
タバコを吸わないわけではないが、それほど詳細に興味が無いのだろう。
美味ければよし、その程度である。

ただこれで困るところがあって、新しいタバコを開拓しようとして見ても、
まるで自分の好きなタバコの傾向が解らない。
どういうラタキアが好きなのか、どういう葉組みが好きなのか。逆にどういうものが嫌いなのか。
ハッキリしているのは、「バーレーが苦手」ということだけ。
あの「バーレーキック」は、何がいいのか全く解らない。
ただ不快なだけである。

パイプ友達の一人が「パイプが車、タバコはガソリン」とよく言っているが、
これは実に的を射ていると、私は共感している。
全く、そう思わない人もいるのだろうけれど。
パイプはストロー、なんて意見も当然あるだろう。
そういう人はそういう人で、今後もそうあれば良い。
趣味というものは各々楽しみ方は人それぞれで、
基本的に他人の楽しみにケチを付けるべきではないのだろう、と思う
老婆心ながら、口を出してしまうこともあるだろうけど……

ただ最近は、タバコにも興味が出始めている。
パイプを散々買ってきて、あらかた落ち着いてきたからだろうか。
それでもまだ私には、先日のマクレーランドの青缶や、
Stonehengeに群がるような気力も無い。
一度買えば安心なパイプと違って、
「吸えば減るタバコには、常に買えなければ価値は無い」
というのが私の変わらないパイプタバコ観である。
たとえそれが究極的に美味くとも、それは私の目指す先ではないのである。



livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ


タバコ専門店「京垓」
The-Hex Pipe Collection's